豚猫大好きぶーにゃんの社会的弱者研究所

豚みたいに太った猫が大好きでたまらない私、ぶーにゃんの「社会的弱者(マイノリティ)」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的弱者」に関することを綴ります。

現役の衆議院議員に「中年HIKIKOMORI」の問題をぶつけてみた。

こんにちは。Hola amigos!!

この間、「現役の衆議院議員にいろいろ質問してみよう」というイベントが隣の自治体のコミュニティプラザで開催されたので、この日のためにワープロソフトで作成して準備した「質問趣意書」をもって参加した。

その質問趣意書の本文を、ここに公開する。
ただ、政党名や個人名は伏せる。

こんにちは。元HIKIKOMORIの今月40歳になりました豚猫大好きぶーにゃんと申します。

さて、2000年代に社会問題として深刻化した「ひきこもり」問題は、ボリュームゾーンが私と同じ40代になり、「ひきこもり」という言葉も「HIKIKOMORI」と、アルファベットで世界的に通用するようになってしまいました。
滝川クリステル氏には「HI・KI・KO・MO・RI」とぜひ世界に発信してほしいですね。)

さて、その40代は福祉・社会的支援の「穴」といってもいい世代と言えます。
若者支援の対象からも外れ、高齢者福祉の対象でもない。

貴党含め、子ども・若者、高齢者のほうばかり向いて40代の社会福祉を放置していたのではないかと思えてならないわけです。

そこで貴党、そして議員さんに期待したいのが「40代・ミドルエイジ向けの社会福祉」。
モデルはNHKスペシャルワーキングプア」でも登場していた英国の「社会的排除防止局」。玄田有史という学者が同局の報告書から「Not in employment,education,and training」という文言を曲解を交えて弄り「NEET」という言葉を編み出したことでも有名ですね。

そこで私が提案するのが現在の「高齢・障害・求職者雇用支援機構」という独立行政法人の名前を「社会適応困難者雇用支援機構」に変え、社会的弱者を総合的に支援するようにすることです。

私は同法人の「ジョブコーチ」など支援サービスを受けて現在の安定した職場に定着できております(非正規雇用のパートタイマーですが)。
そのためには自分のことを「障がい者」にでっち上げる必要がありました。
そうでなければ社会福祉を受けることができないからです…

ぜひ貴党・議員さんには奮起してもらいたいと思い、質問と提言をいたしました。
有難うございました。

 以上であるが、いざ質問するとなるとほかに質問をしたい方との折り合いや、講演者のスケジュールの問題もあり、趣意書の6割ほどしか言えなかった。
具体的には、「社会的排除防止局」のことを言うことができなかった。

で、議員さんからの答えだが、

  • たしかに、子ども・若者層と高齢者の狭間の世代は「働き盛りの層」とされ、福祉・支援が必要とされている人が見えなくなっていたのは確かである。それはまさにその通りだ。
  • ただ、よく言われる「高齢者は年金などでいい暮らししているくせに…」「高齢者福祉に掛ける金があったら若者層によこしやがれ」といった「世代間対立論」に話を持っていってはならないと思うし、社会福祉・社会支援というものは本来世代問わず享受できるシステムであるべきだと思う。

大体こんなところか。
後者は本当に深刻だからなあ…
下流老人」という本がベストセラーになったら「下流中年」という本が出て、そこでは「高齢者は恵まれ過ぎている。何が下流老人だ」論が大手を振って喧伝されていたものなあ…*1

まあ、とりあえず、私が問題にしている「公認されない(特に中年層の)社会的弱者」問題を現役衆議院議員にぶつけることは出来たかなとは思う。

それでは。Nos vemos!!

*1:ちなみに、「下流老人」の著者・藤田孝典氏は「貧困世代(講談社現代新書)」「貧困クライシス(毎日新聞出版)」で、貧困問題は全世代に及ぶ問題であることを綴られている。

【祝・新天地移籍記念】例の著名プロサッカー選手のありがたい説教についてもう少し考えてみる。

こんばんは。Buenas noches!!

今回は、以前綴った「例の著名プロサッカー選手」氏が新天地に移籍された記念に、改めて彼がなされた「ありがたいお説教」について考えてみたい。

www.hochi.co.jp

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

 

「成功に囚われるな、成長に囚われろ」

彼は若年層の自殺問題を伝えるニュース記事を引き合いに出したツイート(引用ツイート)で、「成功に囚われるな、成長に囚われろ」と綴った。*1

おそらく、過去の成功体験に囚われず、常に成長=向上心を持つことを忘れるな、ということだと思うのだが…

そもそも、説教する相手を間違えているんだよなあ…

自ら死を選ぶような人間は、そもそも成功体験自体が無い…

この著名プロサッカー選手氏が、「成功する人の条件」「成功者が残した言葉」といったものを引き合いに出して「成功に囚われるな、成長に囚われろ」とツイートしたのなら、ここまで「炎上」はしなかっただろう。

繰り返すが「若年層の自殺問題が深刻」という内容のニュースを引き合いに出したのが問題なのである。

自殺=自ら死を選ぶような人間、そして「自ら死を選ぶ人間がいることは健全だ」と言ってしまうような人間*2には、そもそも「成功体験」自体が無いに等しいからだ。

「井村のおばちゃん」が自ら語った「成功体験」

以前、弊ブログでシンクロナイズドスイミングの「鬼指導者」として知られる「井村のおばちゃん」のことを紹介して、「成功体験」について綴った。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

 2ヶ月ほど前のNHKサンデースポーツ」で、「井村のおばちゃん」は、女子レスリング元選手との対談で、まさに「成功体験」について話されていたので録画を見つつ文字に起こそうと思う。

おばちゃんは「一番最高の選手は『心の才能』を持った選手」と言った。この「心」は、「向上心」と同義であると思う。

「ああそうかもっと無理をしよう できないのは私が頑張ってないからだ」と簡単に思える子」

「頑張っているつもりだったのにまだ足りなかったんだ もっとやろう」と、そこのスイッチが非常に簡単に思える子は心の才能があるんですね。

「心の才能」を持っている人向けの言葉だったんだろうな、著名プロサッカー選手氏のあの時のツイートは。

で、「その『才能』を育てるには?」との問いには…

心の才能を育てようと思ったら、急にすごいことにトライするとかじゃなくて、一歩がある、その一歩というのは小さな成功体験。

 腕立て伏せが10回しかできなかった人が50回出来るようになった、とかの日々の小さな成功体験の積み重ねが諦めないでやろうということを、挑戦することを面白がる人になる。

 成功体験の積み重ねが、「成長に囚われる」向上心を持った人に育つ。

ね、自殺願望者やHIKIKOMORIとは真逆でしょ?

HIKIKOMORI、自殺願望者に「成功体験」をどう積ませるか

HIKIKOMORIや自殺願望者にいったいどのように成功体験を積ませたらいいのか。
はっきりいってそのようなシステムがわが国には無いに等しい。

以前に綴ったシリーズ連載「こんな支援サービスを受けてきた」の各種サービスがその候補になると思うが、そもそも「こんなサービス利用したくない」という人もいるだろう。
こういう人には「矯正収容所」しかないんでしょうかね…

それではまた。Adios amigos!!

*1:ちなみにあの後、著名プロサッカー選手氏は「配慮が足りなかった」と陳謝されたそうです。

*2:たとえば二条師匠のような…

今日、「障害年金受給できるかも」を謳う社会保険労務士の広告ビラが入っていた。

こんばんは。Buenas noches!!

早速だが、今日、「障害年金が受給できる可能性があります」を謳う、社会保険労務士の広告ビラが家のポストに入っていた。

  

この中に、「対象になるかもしれない疾患」欄があるのだが、その中に「発達障害」という文言があってうれしくなったなあ。

最近、「過払い金を取り戻す」「薬害C型肝炎患者の支援」をうたう「弁護士法人」の広告があるが、これからは「うつやHIKIKOMORI、難病治療しながら働いている方、障害年金受給できるかも」とうたう「社会保険労務士」というのが増えるかもしれない。

私は基本、自力で手続きをしてほしいと思う。私自身がそうだったから。
むろん、本で知識を身につけてね。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

 中にはこういう法人の中にも「ブラック士業*1」はたくさんいるからね。

それではまた。Adios amigos!!

*1:弁護士などの立場を利用して、ブラック企業貧困ビジネスに入れ知恵をしている各種士業法人のこと。

こんな支援サービスを受けてきた・第6回(最終回)「支援サービスを困窮者すべてにいきわたらせよう」

こんにちは。Hola amigos!!
連日の猛暑ですわ…一週間予報でも最高気温33~34度だものなあ。
これが来月になるといわゆる「猛暑日」基準の35度以上が「平年並み」になるのよね。

さて、今回はシリーズ連載「こんな支援サービスを受けてきた」の最終回ですよ。

第6回「支援サービスを困窮者すべてにいきわたらせよう」

うつ症状に陥り、「発達障害」の認定を受けてから、今現在まで私はさまざまな「支援サービス」を受けてきた。

利用してよかったところ、改善すべき課題点を本シリーズ連載で綴ってきた。

今回は最終回ということで、これから「支援サービス」はどうあるべきかを綴ろうと思う。

「ひとのま」で印象に残っているところ

前回、「ETV特集」で放送されていた「ひとのま」のことを紹介した。
富山県内で活動されているこの施設が「こころのたまり場」に似ていると。

不登校発達障害、HIKIKOMORI…
主な利用者も共通点があった。

番組の中で、ここの取り組みが全国的に注目されており、全国から福祉関係者の視察や講演依頼が絶えないことが紹介されていたのだが、この場面でのナレーションが私の心に残っているので文字に起こして紹介する。

講演の依頼が増えている背景には、現場の福祉関係者が抱えている、切実な危機感がある。

公的支援については、貧困問題、医療、障がい者のケアなど、それぞれの分野で細分化と専門化が進んでいる。

しかし実際には、問題が複数の分野にまたがっていて、制度の隙間に「こうよう*1」してしまう人も少なくない。

 このナレーションの直後に、「福祉の専門家」が「縦割り行政そのものの公的支援制度」を批判し、「そういうものにとらわれない場所(ひとのま)がそれ(公的支援から零れ落ちた人たち)を受け止める場になっている」という発言も紹介された。

本当は公的支援サービスが普遍的に各困窮者を支援・救済するシステムを構築すべきだろう

私が言いたいのは↑こういうことである。

「ひとのま」や、最近注目を浴びている「こども食堂」など、色々な立場の困窮者を包括的に支援するサービスが「民間で」運営されるようになったが、本当はこういうことは公的支援サービスが率先して実施すべきであろう、ということである。

先ほどのナレーションにあった「問題が複数の分野にまたがっている」ということは、言い換えれば私が日ごろから弊ブログで問題にしている、

「公認されない社会的弱者」

というのと同義だと思われる。
たとえば「HIKIKOMORI」というのはとどのつまり「社会不適応・適応困難」なのだが、この「社会不適応」がどの福祉分野の対象になるのかがわからないために、「なかなか社会的弱者として公認されない」という事態に陥っていると思われる。

私が「公認された社会的弱者」になろうという理由

私はこういう「公認されない社会的弱者」を問題にするとき、「まずは『公認された社会的弱者』をでっちあげることを目指そう」と綴っている。

「でっちあげる」という言葉は語弊があるかもしれないが、要は公的支援サービスを享受できる立場になろう」ということである。

たしかに、「ひとのま」のように、包括的に受け入れようとしている民間支援サービスが増えていることは評価するのだが、同じ民間のサービスには本当に「これはひどい」というべきサービスも多々あるからだ。

以前問題にした「HIKIKOMORI矯正収容支援サービス」がその代表だろう。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

 私は2000年代初めに「障がい者」の認定を受けた。
それ以来、様々な支援サービスを享受し、今回のシリーズ連載を綴っているわけである。

いまこそ、「困窮者すべてにいきわたらせる公的支援サービス」を!!

それにしても、2000年代初めの政権与党が唱えておられた「改革」というのは一体何だったのか。
いわゆる「縦割り行政」はそのころからかなり問題視されていたと思うのだが。
そういえば現在、私が問題にしている「支援」を統括する官庁「厚生労働省」ができたのもこのころだったんだよなあ。
これも「縦割り行政の緩和」を目的にしていたはずなのだが。

今からでも遅くはない。困窮者すべてにいきわたらせる公的支援サービスを構築すべきだと思う。

まずは、「障害者職業センター」を運営する「高齢・障害・求職者雇用支援機構」の名前を、以前の弊ブログでも提案した「社会不適応当事者雇用支援機構」に改名し、「HIKIKOMORI」に代表される「どの支援サービスの対象にもならない『公認されない社会的弱者』」をもっと支援すべきだと思う。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

 おわりに

以上、自分が今まで受けてきた支援サービスを紹介するシリーズ連載「こんな支援サービスを受けてきた」をひとまず終えるわけだが、本当にこれらの支援サービスは自分が「障がい者=公認された社会的弱者」になったからこそ享受できたものだ。

たしかに包括的な公的支援サービスは構築すべきだが、最近はわが国政府も自治体も財政難でなかなか着手できないものと思われる。

また、「公認されない社会的弱者」も支援する民間の「良質な」支援サービスが増えることはよいことだと思うが、「公認されない社会的弱者」であるかぎり、「悪質な」サービスの餌食にもなりかねない。

だから何度でも言う。

「まずは公認された社会的弱者になろう!!」

以上です。Adios amigos!!

*1:すみません、それらしい漢字がわからなかったものでこういう表記になってしまいました…

こんな支援サービスを受けてきた・第5回「こころのたまり場」

こんにちは。
もうこれ、実質的に梅雨明けですよね…
朝からじりじり暑くなっていく。

前回綴った「♪ナツナツナツナツココーナッツ」の歌だけど、この歌をバックに旅客機が飛んでいそうなイメージだよなあと思ってこの歌詞で検索かけてみたら、案の定「日本航空JAL)」の沖縄旅行キャンペーンCMソングだったそうな。

ふたりの愛ランド - Wikipedia

さて、今回は「こんな支援サービスを受けてきた」の第5回。

第5回「こころのたまり場」

あれは2010年代に入ったころだった。

私は「舞姫青葉の友」の同僚から、「今度、隣町の『社会福祉協議会』が「こころのたまり場」とかいう事業を始めるようだから一緒に行かないか」と誘われた。

この方は、「舞姫青葉の友」のメンバーではあるが、私同様にあまり積極的に活動には参加していなかった。

なんでも、偶数月のある日に「精神障害者向けの『たまり場』事業」を開始したそうだ。

ぱっと見はただの民家

早速、開催日を空けておき、同僚と一緒に隣町の社会福祉協議会職員との待ち合わせ場所を訪れた。

職員の送迎車に乗り、「たまり場」に赴く。

車は住宅街の中に入っていった。

「着いたよ。ここが『たまり場』だ」

…ぱっと見、ただの民家だ。

どうやら、社会福祉協議会が空き民家を借りるか買い上げるかして、この「たまり場」事業をされているようであった。

「自分は一人ではない」ことを確認する

「たまり場」には、自分と同じ境遇の人たち、つまり精神障害はもちろん、私と同様に「社会適応困難=HIKIKOMORI」の状態にある人たちもいた。

ここでは、利用者は料金(100円)を支払い、お昼ご飯を一緒に作ったり、お菓子や飲み物の買い出しをした後、みんなで思い思いに過ごす。

担当職員が利用者からの悩みなどを聞くコーナーも設けられていた。

花見や海水浴場への外出などもあった。*1

ここで私が感じたことは、「自分は一人ではない」ということだった。

知り合い以外にも話せる相手ができた。
現在は関東地方に在住している元利用者の方とは現在もSNSでメッセージのやり取りなどをしている。

ただ、開かれるのは偶数月の1日だけ…

「たまり場」の雰囲気は、先月NHKEテレETV特集」で見た「ひとのま」のそれと似ている。

www4.nhk.or.jp 

ただ、「ひとのま」はほぼ毎日開催しているのに対し、こちらの「たまり場」は偶数月のたった1日だけというのが寂しい…

しかも平日開催なので、現在仕事をしている私自身もここ2年ほど顔を出していない。*2

次回は最終回として、これからの支援サービスに必要なものを綴ろうと思う。

それではまた。Adios amigos!!

*1:さすがに海水浴そのものはしなかったのだが…

*2:むろん、有給休暇をとるという手もあるのだが…現在勤務している職場は比較的有給休暇を取得しやすい職場であるが。

こんな支援サービスを受けてきた・第4回「地域活動支援センター」

こんにちは。Hola amigos!!

こちらはとても暑いです。
♪ナツナツナツナツココーナッツ、と歌いたくなるねえ。

こんな支援サービスを受けてきた・第4回「地域活動支援センター」

2007年ごろ。
地元の精神保健福祉センターの「精神科デイケア」の滞在期限が過ぎ、「卒業」とあいなった。

デイケア滞在中は、ショッピングモールへの就職と退職、その後「ワークトレーニング社」での訓練、そして胃腸の病気のため手術入院があった。

そして私は三十路に突入した。

「卒業」後の受け皿

「卒業」直前、私は地元の都心部にあった精神科デイケアの職員とともに、自宅から快速電車で二駅ほど離れた地域の「地域活動支援センター」に出向いた。
なんでも、「卒業」後の受け皿になるだろうということで…

出向いたセンターでは、共同で工作やレクリエーションを楽しんだり、あるいは個人個人で好きなことをしたりと、大体精神科デイケアの延長上かなと私は感じた。

地元にも「地域活動支援センター」ができる

その後、地域活動支援センターの職員の方と面談した。

その方の話によると、「あなたの住んでいる地元でも、近々ここと同じようなセンターが設立予定なんですよ」ということだった。

詳しいことは地元自治体の福祉窓口に聞いてみてねということで、私はその窓口を訪れた。

そこの担当職員から、「ある社会福祉法人が地元自治体所有の施設を利用してデイサービスを運営しているのだが、そこが『地域活動支援センター』を近々兼ねる」ことになったことを教えてもらった。

いろんな障害を持った人たちがいる

その後、私は正式に入所手続きをとり、地元の「地域活動支援センター」に入所した。

センターには精神障害者のほかに、肢体不自由や、下半身不随などの身体障害者や、認知症の患者などがいた。

電動車いすで活動しているある脳性麻痺の利用者は、筆を銜えて絵を描いていた。

他の利用者は、クロスワードパズルの雑誌に載った問題をひたすら解いていた。

私は、主に非電源系ゲームを嗜んだ。
そのなかでも、花札の「こいこい」を教えてあげたなあ職員に。
他にも料理実習も楽しかった。
この時だっけか、担当の精神保健福祉士のことを「大佐」と呼ぶようになったのは。
手芸・革細工も楽しかった。

ところで…

地域活動支援センターにも「A型」「B型」があるんですねえ…
参考に大阪市の「地域活動支援センター」紹介ページを紹介する。

http://www.city.osaka.lg.jp/fukushi/page/0000174248.html

A型は「将来の社会進出への訓練」、B型は「日常生活の安定化」を目指すのがおおよその目標みたいですね。

地域活動支援センターでの生活が安定してきたころに、私は「就労支援施設B型」に移行することになった。

就労支援施設については、シリーズ連載「潜入・大人の幼稚園」に綴っているのでこちらを参照のこと。

それではまた。次回はある別の施設について綴りますわ。

 

こんな支援サービスを受けてきた・第3回「精神科デイケア」

こんにちは。Hola amigos!!

暑いなー。九州北部は連日豪雨だというのに…
関西は現在カンカン照り。

さて、今回は「精神科デイケア」について綴る。

こんな支援サービスを受けてきた・第3回「精神科デイケア

私が精神科デイケアと地域活動支援センターを利用したのは西暦2000年代中盤から後半。

家庭内暴力で「署」に連れていかれて精神保健福祉センターの診察を受けろと言われ、センターに通い続けて1年経ったころだ。

当時の主治医の先生が「デイケア」という存在について教えてくれた。

共同生活とレクリエーション、そしてSST

当時の私はまさにHIKIKOMORI当事者であり、この状況を打破するために何かが必要と感じていた。
私は是非、デイケアを利用したいと申し出た。

デイケアには、自分と同じ境遇の人たちがたくさんいた。
むろん、同世代の利用者も多い。

ルームにはゲーム機があり、私はゲームをよくやった。
デジタルだけでなく、アナログのそれも楽しかった。

時には外出して近くのグラウンドまで移動し、ソフトボールなどスポーツをすることもあった。
ただ、スポーツの場合、他の人たちがうまくプレイできないと苛立って怒鳴ってしまうこともあった。
自分がいかに他者との協調性がないのかということが分かったといえる。

特筆すべきは「SSTソーシャルスキルトレーニング)」。
数人が専用ルームに入り、社会でよくあるシチュエーションのロールプレイングをおこなう。
たとえば「面接で担当者から答えにくい話題を振られたとき、どう対処すればいいか」というお題があったとき、「正直に答える」「少しはぐらかす」など個人がそれぞれ対処法を「演じる」。
そこに他のメンバーがいろいろ批評するのだが、条件がある。
それは「かならず褒める」こと。
「●●は××でとてもよかった」という形で言わなければならない。
「●●ははっきり言って褒められない」と否定するのはもちろん、「●●はよかったんだけど、××は問題かな」と課題を提起することもダメ。
これは自分を褒めることすらできなかった私にとってきついものがあった。

精神保健福祉センターデイケアには期限がある

しかし、私が入所した精神保健福祉センターデイケアには期限があり、「3年」が経過したら「卒業」しなくてはならなかった。

課題も見え、デイケアを通じて少しでも克服しようと努める途中で、この「期限」が来てしまった。

せっかく自分が克服すべき課題も見えてきたのに、この後はどうしたらいいのだろう…

そう思っていた時に、デイケアの職員が紹介してくれたのが、「地域活動支援センター」だった。

次回は「地域活動支援センター」について綴る。

それではまた。