ぶた猫ぶーにゃんの社会的マイノリティ研究所

私、ぶた猫ぶーにゃんの「社会的マイノリティ」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的マイノリティ」に関することを綴ります。

毒オトナの条件(45)「権利は義務の恩賞」は、実は「ニッポンの伝統」ではないのか?

おはようございます。¡Buenos dias!

前回、「権利」を勝ち取る人たちをバッシングする心理を、「石川優実」氏の例を挙げて綴った。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

バッシングの根底に、

「権利は義務を果たした者に与えられる恩賞」

というニッポン的な考えがあるということを綴った。

思えば、これは

まぎれもない「ニッポンの伝統」

というような気がしてきた。

「ニッポンの伝統」と言われるものは、実は19世紀から20世紀、明治時代以降にこじつけられたものが意外と多いと言われる。

  • 「初詣(行楽地の神社仏閣に参拝する)」は、19世紀に鉄道会社が販促(乗客増加)計画として打ち立てられた
  • 「相撲はニッポンの国技」というのは、20世紀に相撲の常設会場の名称を「国技館」と名付けた際にこじつけられた
  • 「重箱に入ったおせち料理」というものは、戦後に百貨店が定着させた
  • などなど…*1

しかし、「権利は義務の恩賞」という考え方は、鎌倉時代の「御恩と奉公」から来ているものと考えたら、

800年余りのまぎれもない伝統

と言っていいものかもしれない。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

しかし、「義務を果たせない、あるいは勝ち取らないと権利を得られない人たち」にとって、こんな考え方ははっきり言って地獄でしかない。

これからも、「義務」を盾に、「権利を勝ち取ろうとする人たち」を毒オトナは攻撃し続けるであろう。

私はそんな毒オトナどもに抗い続ける所存。

それではまた次回。

*1:根拠は藤井青銅著「『日本の伝統』の正体」「『日本の伝統』という幻想」(いずれも柏書房)より。

毒オトナの条件(44)権利を「勝ち取る」ことにいちゃもんをつける

こんばんは。¡Buenas noches!

体調はなかなかよくならない…
喉が痛かったら出勤できる状態でも休まざるを得ない。
職場や出入り業者に不安がられたらいやだからね…

今回は毒オトナの条件・第44回。

 

権利を「勝ち取る」ことにいちゃもんをつける

さて、今日は憲法記念日である。

昨年の同日、「日本国憲法における『権利と義務』」について綴った。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

 今年の憲法記念日も、この「権利」について綴る。

「権利勝ち取るって楽しい」

約1ヶ月前の「しんぶん赤旗日曜版」4月5日号にて、あの「石川優実」氏が登場していた。

f:id:sgtyamabuunyan:20200503125800j:plain

こちらが当該記事。もし興味があれば全文読んでほしいと思う。お近くの「共産党」地区委員会に行けば見本誌としてもらえる可能性もある。

同氏が「赤旗日曜版」に登場するのは二度目。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

 一番興味深かったのは、

「権利勝ち取るって楽しい」

という見出し。

本文にもこういう記述がある。

声をあげ、権利を勝ち取っていくことは楽しいことだ-というノリが、もっとみんなにも広まればいい。

 そう、権利は勝ち取り、行使するものだ。
この記事(そして石川氏)はまさにそのことを教えてくれている。

相変わらず、毒オトナたちは石川氏(そして権利を勝ち取ろうとする社会的マイノリティ)にいちゃもんをつける

しかし、世の毒オトナたちは相変わらず、
石川氏(あるいは権利を勝ち取ろうとする社会的マイノリティ)に対して「ツイッター」や「ヤフコメ」などでいちゃもんをつけ続けている。

その毒オトナのメンタリティの根底にあるのが、

「権利は義務を果たした者に『国(お上)』が与えてくださるもの」

という考え。

つまり、「国や社会に対して文句を言うな、黙っていろ」ということだ。

以前、石川氏の著書「#KuToo」について綴ったとき、連中の根底には「どうにかして石川氏を黙らせたい」という意思があることを綴った。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

他にもこんな調子で「#KuToo」、そして石川氏本人を侮辱するツイートが列挙されているのだが、とにかく「どうにかして黙らせたい」という意志が強く出ているものになっている。まさに毒オトナしぐさ。

毒オトナの条件・第32回「石川優実著『#KuToo 靴から考える本気のフェミニズム』評~これはまさに『毒オトナの昆虫標本』!」 - ぶた猫ぶーにゃんの社会的マイノリティ研究所

 もう一度綴る。権利は勝ち取り、行使するものだ、と。

それにしても、本当に毒オトナの「権利の勝ち取り、行使」に対する敵意というものは「うざい」以外の何物でもない。
時には精神に支障をきたすほどに。

私はもう一度綴る。

「権利は勝ち取り、行使するものだ」ということを。

そして、毒オトナたちのいちゃもんに対しては

「てんごすんな、アホ垂れ!」と良識ある大人が怒鳴りつけるべきである

ということを。

最後に記事からもう一つ引用。

中傷に「いちいち反応するな」と言う人もいます。

でも、黙っていてもセクハラや女性を侮辱する言動はなくなりませんでした。だからバッシングという差別の実態を見せ、怒りを言葉にし、表現する道を私は選びます。

次回に続く。

毒オトナの条件(43)なにやら「ナニワのドナルド・トランプ」氏がテレビに出まくっている…

こんばんは。Buenas noches!

今回は毒オトナの条件・第43回。

なにやら「ナニワのドナルド・トランプ」氏がテレビに出まくっている…

最近の「新型コロナウイルス」関連で感染爆発、外出自粛が叫ばれている中で、ここ関西のテレビ界隈では「維新を名乗るナニワのトランピズム政党」最高幹部でもある大阪市長大阪府知事がしょっちゅう出まくっている。

そして、彼らを育てた「ナニワのドナルド・トランプ」ご本人様も…

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

現政権与党の代わりに「ナニワのトランプ」だって?

ここ最近、現政権与党が失態を繰り返している。

「マスク二枚配布」だとか、そのマスクの生産・販売元の一社がものすごく怪しい会社だったり…

また「一律10万円の特別定額給付金」についても、「家族分を世帯主に配布する」という謎方式。

そんな中で台頭しているのが「ナニワのトランプ」だ。

上から目線で現政権をけなしている。

その姿がかっこいいんだとさ。

グループホーム世話人Kさんが…

今日、その「ナニワのトランプ」氏がテレビに出ているのを担当世話人Kさんが見て、

「あの人は素晴らしいよね。現政権与党の代わりに彼にやってほしいわ」

と言った。

さらに、「ナニワのトランプ氏」が、妻と子ども7人分を合わせた給付金90万円を「全額寄付する」と表明していることについても、

「貧しい方々に寄付したいと言うているのよ。素晴らしいと思わない?」

とおっしゃった。

私ははらわたが煮えくり返った。

「ソレッテサア…90万円全部『ナニワのトランプ』ノモノジャナイヨネ…子どもノ意思ハ尊重シナクテモイイノカヨ?」

私が貰う予定の給付金も、「世帯分離」をしていない以上うちの父親が貰うことになっている。

Kさんの論理で言うたら、私が貰うべき給付金を父親が使いこむ(たとえ慈善事業への寄付であっても)こともOKということにされてしまう。

それに、大阪府知事大阪市長をしていたころの「ナニワのトランプ」氏がやってきたことをもうお忘れなのか。

「下」とされる人たちを恫喝し、毒オトナたちが喜ぶようなことばかりやり続けてきたではないか。
毒親ガ政治家ヲヤッタラコウイウ風ニナルンダロウナア…」ということそのものを「ナニワのトランプ」氏がやったのだ。

少しだけなら褒める。「ナニワのトランピズム」は敗北を美化しない

さて、次期政権に食い込んでほしいと毒オトナ、そして社会の主流が「激推し」している「ナニワのトランプ」および「維新を名乗るナニワのトランピズム政党」。

どうあがいてもこれらが「私たち『社会的マイノリティ』を向いた政治」をしないであろうことは99.9999%間違いないだろう。

ただ、私が「ナニワのトランピズム」を一つだけ褒めるとすれば、

「敗北を美化・粉飾しない」

ということだろう。

「ナニワのトランピズム」は負けることを許さない。
勝つためならどんなことでもする。
そして仮に敗北したら、その場を(とりあえずは)潔く去る。

大阪都構想住民投票で「ナニワのトランプ」氏は負け、(とりあえずは)潔く去った。
そして(次はもうないと言いながらも)次の住民投票で勝利するためにいろんな策を練ってきた。

その代表が大阪市長大阪府知事の長期政権。
とにかく「大阪の街は『維新を名乗るナニワのトランピズム』の手にある」ということを定着させてきた。

あと2025年の大阪・関西万博も。

ここら辺「議席は減らしたが得票数は増えた」などとのたまう「共産党」には見習ってほしい。

新型コロナウイルス」関連で住民投票の開催がどうなるかはわからないが、今度は間違いなく「大阪都構想」は実現するだろう。

私は「ナニワのトランピズム」に殺されかねない立場だから抗い続けるが。

参考リンク

hbol.jp

hbol.jp

それではまた。

バリバラの再放送内容が差し替えられていた…

こんばんは。¡Buenas noches!

今回はNHK「バリバラ」の話。

www6.nhk.or.jp

いつもは木曜日に本放送、土曜深夜*1にその回の再放送がされる。

しかし、昨日の再放送では木曜日のそれではなく今月初旬に放送された「新型コロナウイルス『自粛』関連」の回が放送された。

桜を見る会」をモチーフに、性暴力やヘイトクライムの被害者、「当事者」を出演させていたことに毒オトナたちから「偏向報道」とクレームがつけられていたと聞く。
そして政権与党の国会議員からも…

参考リンク

lite-ra.com

この事実に対し、「再放送がなくともNHKプラスやTVer*2で見れるよ」という声もあった。

しかし、問題は
「再放送直前に内容が差し替えられた」
ということであり、また、
「パソコンやスマホなどインターネット端末を扱えない人*3はそもそもアクセスができない」=「知る権利の侵害」
でもあるということだ。

また、NHKプラスは「世帯主」がインターネットを扱えていないとまともに機能を使用することができないし。

sgtyamabuunyan.hatenablog.com

sgtyamabuunyan.hatenablog.com

でも、今のバリバラや「ハートネットTV」などの部署の力では、致し方ないことかもしれない。
なにしろ半分解体されかかっているのだから。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

それにしても、今年になってハートネットTVだけでなく「クローズアップ現代+」も週4回から週3回に減らされてんねんな…

そんじゃまた。

*1:ETV特集のあとの時間。

*2:主に民放のテレビ番組を見逃し配信するアプリ。

*3:身近な例では私の父親やグループホームの同居人たちなど…

【近況報告】休養要請されました…

こんにちは。

今回は簡単な近況報告。

先日からのどが痛い旨を以前綴った。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

今週になってもまだ続いていて、今朝出勤したところ、職場の同僚などから「たびたび咳が出ている」と言われ、また主任さんから「休んだ方がいいと思う」と言われた…

というわけでしばらく休養に専念することにいたします。

次回のブログ更新はだいぶ間が空くと思います。

グループホームに住んでみた(30)やはり私は「大佐」の器ではない

おはようございます。¡Buenos dias!

やっぱり日曜朝のNHKは「小さな旅」のほうがいいわ。

今回はグループホームに住んでみた・第30回。

 

やはり私は「大佐」の器ではない

グループホームに住んで半年以上。

だいぶ他の入居者の人となりも把握できた。

しかし、把握すれば把握するほど、私は辛く当たってしまう。

Aさんに続き、Hさんに対しても

前回はAさんの妄想癖に悩まされている話を綴った。

妄想にのっとっていつも怒号を浴びせられ、私も怒号で返してしまう。まさに「売り言葉に買い言葉」。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

そして、Hさんのニコチン脳についても相変わらずだ。室内に吸殻が落ちていることを見つけると叱責する。
そしてHさんは「イヤア、知ラナイデス…」ととぼける。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

こういう場合、「大佐」ならどう接するのだろう。
少なくとも、直ちに怒号は浴びせないだろう。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

訪問看護師にまた諭される

先日、訪問看護師による定期面談があった。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

そこで、私は最近他の入居者のことで嫌気がさし、苛々している旨を話した。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

看護師はこう話してくれた。

「あなたはよく頑張ってくれている。しかし、ほかの入居者の生活態度のことは世話人、そして私たち看護師に任せてくれたらいい。もっと自分自身のことに目を向けてほしい」

そうですよね…確かに自分は「できる人」だからと、なんか背負いこみ過ぎていたところがあったのかもしれない。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

そして同時に、自分は「大佐」にはなれない、「大佐」の器ではないことを改めて悟った。

 

それでは次回。

少し体がだるいです。

こんにちは。

今月に入ってから度々体調を崩すことが多い。

急に寒くなったりしているからな…

今現在も、少し体がだるい。

ただ断言するが、決して「新型コロナウイルス肺炎」ではない。
某野球選手みたいに味やにおいを感じない、ということはないから。

今回はここまで。