ぶた猫ぶーにゃんの社会的マイノリティ研究所

私、ぶた猫ぶーにゃんの「社会的マイノリティ」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的マイノリティ」に関することを綴ります。

シリーズ連載「私と『共産党』」

私と「共産党」最終回・たとえ毒オトナだらけの世の中になろうとも…

こんにちは。¡Hola amigos! 今回はシリーズ連載企画「私と『共産党』」の最終回。 それにしても、山本太郎氏の新党「れいわ新選組」、さまざまな「当事者」を今回の参議院議員通常選挙に立候補させているが、惜しむらくは、HIKIKOMORI当事者も立ててほしかっ…

私と「共産党」⑩「国民連合政府」

こんばんは。 ¡Buenas noches! しかし今回の参議院議員通常選挙も、政権与党、そして「浪速のトランピズム政党」が伸びそうね…大阪は今回もこれらに占領されるんだろうなあ… さて今回は連載企画「私と『共産党』」の第10回。 「国民連合政府」 現政権のやり…

私と「共産党」⑨暗黒時代、なおも続く

おはようございます。!Buenos dias! 今回もシリーズ連載「私と『共産党』」の続き。 暗黒時代、なおも続く 「『共産党』はしゃしゃり出るな」の声も… 暗黒時代、なおも続く 働き口が見つかり、少ないながらも党費を納めることができた私。 しかし、その働き…

私と「共産党」⑧ほとんど幽霊党員でした…

おはようございます。¡Buenos dias! さて、今回の「まくら」は私の最近読んだ本のことを。 呪いの言葉の解きかた 通販|セブンネットショッピング 「上西充子」氏の著書。 ここでいう「呪い」って、私が「毒親」「毒オトナ」と綴っている表現の「毒」と同義…

私と「共産党」⑦党から心が離れるも…

こんにちは。¡Hola amigos! 今回のシリーズ連載において、導入部(落語で言えば「まくら」)はほとんど「山本太郎」氏のことばかり綴ってるなあ…「共産党」のことを綴ってるのに。 党から心が離れるも… 心が離れていても、「共産党」の人は私に手を差し伸べ…

私と「共産党」⑥「平和と暮らし」より「希望は、戦争」

こんばんは。 昨日は地元大阪で、われらが「山本太郎」氏が共闘派野党の候補者にあいついで激励に駆けつけてくれた。 いくら政権与党と「浪速のトランピズム、政権すりより派の野党」の候補者が有利と情勢が伝えられても、私は自分たちの側を向いてくれる候…

私と「共産党」⑤暗黒時代の始まり

こんにちは。¡Hola amigos! 今回もシリーズ連載「私と『共産党』」を綴る。 暗黒時代の始まり それにしても、参議院議員選挙戦が始まってから、「山本太郎」氏は吠えまくってるなあ。まさに「山本節」。 こちらの政見放送において、「代理人」という言葉を使…

私と「共産党」④「民青」から離れて…

こんにちは。¡Hola amigos! 今回も連載「私と『共産党』」の続き。 「民青」から離れて… 大学を卒業して… 「民青」から離れて… 「共産党」と関係が深い組織「民青」の「大学班」に入っていた私。 当時班長をしていた教育学部の女性は元気かなあ… 就職氷河期…

私と「共産党」③出所不明のビラ

こんにちは。¡Hola amigos! 参院選の地元大阪選挙区、政権与党の2党と「維新」を自称する浪速のトランピズム政党が優位なんだそうだ。ほんま、政権与党もそうだが浪速のトランピズム政党は毒オトナの「こころ」をつかんでいるように思うわ。 さて、今回はシ…

私と「共産党」②「民青」への加入

こんばんは。¡Buenas noches! この夏は昼間は順当に暑いものの、深夜になるととても涼しい。ここ10年の夏は夜になっても暑いのが多いからなあ…こういう形がちょうどいいのだが… さて、今回は前回に引き続きシリーズ連載・私と「共産党」の2回目。 「民青」へ…

新シリーズ連載・私と「共産党」①「しんぶん赤旗」

こんばんは。 今日は参議院議員選挙の公示日。 今回から以前綴った「新シリーズ連載」を開始したい。 題して「私と『共産党』」。 「しんぶん赤旗」 はっきりとした立ち位置の論調 「しんぶん赤旗」 私が「共産党」の存在を意識するようになったのは高校生の…