豚猫大好きぶーにゃんの社会的弱者研究所

豚みたいに太った猫が大好きでたまらない私、ぶーにゃんの「社会的弱者(マイノリティ)」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的弱者」に関することを綴ります。

しかし、高齢HIKIKOMORIを可視化しないと、取り返しがつかなくなるぞ。

こんばんは。寒いねえ…
昨日は暖房つけていても震えが止まらなかった…

さて、昨日は二条師匠についていろいろ厳しい言葉を綴ったが、もちろん私自身、高齢HIKIKOMORIの問題自体を放置してはいけないし、まだ救えるのなら救いたいと思っている。
ただ、「どうせ自分は…」とイジケてばかりの人間にまで救いの手を差し伸べようとは思わないと言いたかったのだ。

あるネット記事を紹介しよう。

bylines.news.yahoo.co.jp

以前にも綴った、内閣府のHIKIKOMORI調査についての記事である。
内閣府は「40歳以上のHIKIKOMORI」は存在しない、という態度である。
この調査への批判記事はこちら。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

で、今回紹介した記事は、HIKIKOMORIの家族会「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」が独自調査をおこなったという話。
記事より引用。

 9月の調査結果に憤慨した「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」が、昨年11月~今年1月にかけて40代以上のひきこもりの実態を調査。

 「引きこもりの相談を受け付けている全国の自治体窓口」のうち、150カ所を調べたところ、40代のケースに対応した経験があるとの回答が62%に上ることがわかった。50代も多く、高年齢化の深刻な状況が明らかになった。

さらに、40歳以上の61人について家族らへの聞き取りを実施。

その結果、
・ひきこもりの平均期間は22年
・一度は行政や病院の支援を受けたのに、その後に途絶えていたケースが半数
・ひきこもりの間に見られた行動は、昼夜逆転(49人)や家庭内暴力(15人)などが多かった
ことが明らかになったというわけ。

しかし、これは本当に深刻だぞ。
このままずっと内閣府は「ふた」をし続けるというのか。

少なくとも、「二条淳也師匠」はすでに40代*1、そして「性行為・性的虐待ビデオ」に耽っている「諸星ノア」氏は来年いよいよ50歳になる。

どうすんのですか、これ。

それではまた。

*1:今年40歳になる私より年上であることがブログ記事からわかったので。