豚猫大好きぶーにゃんの社会的弱者研究所

豚みたいに太った猫が大好きでたまらない私、ぶーにゃんの「社会的弱者(マイノリティ)」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的弱者」に関することを綴ります。

浪速のトランピズム政党についてもっと続き。私からの質問が取り上げられました。

こんにちは。

今回も、「浪速のトランピズム政党」について綴る。

先日、「立憲を名乗る政党」から今回の「大阪ダブル選」および「浪速のトランピズム政党」について語る動画(生放送)が配信された。

www.youtube.comこの中で、私がツイッターから綴った質問が取り上げられた。
この動画の1:03:12あたりで。

こちらが私が綴った質問。

4年前の「都構想」住民投票のとき、父親はよく言っていた。
「俺は若いときからずっと思っていたんや。なんで『大阪府』の水道が大阪市に来えへんのや。浄水施設なんか『大阪府行き』『大阪市行き』に分かれてもうてんねん。これが問題にならなかったのは大阪府・市の公務員連中の『既得権益』を守るための圧力があったからや」

で、そんな父親が「都構想」に期待するほどに疑問に思っていた水道事業。
動画でも言及されているが「民営化」が検討されている。

水道事業の民営化はよく「各種民営化の中でも禁じ手」といわれている。
海外では民営化がされた結果、まともに水の供給がされなくなり、再び公営に戻す、といった動きが伝えられる。
わが国ニッポンでいえば、よく「水道水がそのまま飲めるから日本スゴイ」といわれるが、それがもしかしたら崩れる可能性もある。

でも、まあいいんでしょう。民営化で水道インフラが崩壊したとしても。
「公務員の『既得権益』」に大ダメージが与えられれば。
それが私の父親も含む「毒オトナ」たちが望んでいることなのだから。

思えば、1990年代から「規制緩和」「民営化」が各種マスコミ屋で叫ばれ続けてきた。
2000年代に実施された「郵政民営化」もマスコミ屋がよく叫んでいた。*1
郵政民営化」の結果、各地の郵便局は「アフラック」の代理店と化した。

私の父親含め「毒オトナ」たちはマスコミ屋の論調*2に流されるからな…
「あれが起こったら一体どうなるの?」と自分の頭で考えることすら省略してしまう。

今回の選挙、繰り返しになるが「浪速のトランピズム政党」がまた勝つだろう。
むろん私は何とかしてあらがい続けるが。

それでは。

*1:私が覚えているのは、1997年に郵便番号が7桁になった際、当時ワイドショーのコメンテーターだった「有田芳生」氏がある番組(日本テレビの「ザ・ワイド」だったか)で「こんなくだらないことしてないで民営化すればいいんですよ」と言っていたことだ。

*2:「空気」ともいう。