ぶた猫ぶーにゃんの社会的マイノリティ研究所

私、ぶた猫ぶーにゃんの「社会的マイノリティ」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的マイノリティ」に関することを綴ります。

私と「共産党」⑤暗黒時代の始まり

こんにちは。¡Hola amigos!

今回もシリーズ連載「私と『共産党』」を綴る。

それにしても、参議院議員選挙戦が始まってから、「山本太郎」氏は吠えまくってるなあ。まさに「山本節」。

こちらの政見放送において、「代理人」という言葉を使っておられることになんかうれしくなったなあ。

www.youtube.comこちらの動画の7分15秒あたりから。

残念ながら、今の国会での多数派は、経団連など特定の存在に忖度し続ける代理人がほとんど。

私は、700人いる国会議員が、700通りの当事者がそろう場所になればもっと優しい社会が作れると思います。

 いやあ、本当にそう思う。
今の国会の多数派は政権与党や「浪速のトランピズム」といった、
「毒オトナの代理人
に占められてしまっているからなあ…

たとえば「最低賃金」という「法律」の話をしようとすると、毒オトナたちが
「努力もしていないのに最低賃金を上げるって(笑)」
と「努力」の問題にすり替えたりするし…

 参考記事

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

暗黒時代の始まり

連載本文に入る前に、もう一つ山本氏が立ち上げた新党「れいわ新選組」の動画を見てもらいたい。

www.youtube.comこの動画の6分10秒あたりに、
「くそ左翼死ね!!」
の罵声が飛んでくる。
これに対する山本氏の「返答」はぜひ動画を見てほしい。

ということで…

西暦2000年代、21世紀に入り、「共産党」はまさに
「くそ左翼死ね!!」
と罵られる存在になった。

2000年代初頭、政権与党に「郵政民営化」「米百俵」を掲げる内閣総理大臣が登場。
日本国内の政治ニュースは完全に内閣総理大臣周辺、そして政権与党のそれに占められてしまう。

むろん、「共産党」は常に「わたしたちの『代理人』」として奮闘はしてくれていたのだが、なかなか正当な評価がされず、国会も地方議会ものきなみ議席を減らした。

特に国会では、2005年の衆議院議員総選挙において9議席、2007年の参議院議員通常選挙において7議席しか取れず、個人名で投票する選挙区選挙では全く当選しない状態になった。

また、インターネットでは政権与党を礼賛するものが多く見られた。*1

こんな状況で、「共産党」が伸びる余地はなかったといってよい。

まさに「くそ左翼死ね」、「共産党」の暗黒時代であった。

次回に続く。

*1:特に郵政民営化に対しては賛成派を応援し、「共産党」含む反対派に対して侮蔑する掲示板サイト投稿やブログが多かった。