ぶた猫ぶーにゃんの社会的マイノリティ研究所

私、ぶた猫ぶーにゃんの「社会的マイノリティ」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的マイノリティ」に関することを綴ります。

毒オトナの条件・第15回「ステレオタイプ三種の神器」

こんばんは。¡Buenas noches!

今回は「毒オトナの条件」の第15回。

毒オトナが「ステレオタイプ」に用いる三種の神器について綴る。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp
攻撃対象を誹謗中傷する際に必ず持ち出してくる「ステレオタイプ」の中でも最も多く用いられる三種類の「神器」があるのだ。

朝日新聞

かつて「本多勝一」という名物記者(ジャーナリスト)が所属しており、

  • 社会的弱者や少数民族の人権について問うた「殺される側の論理」
  • 日中戦争から第二次世界大戦においての「わが国ニッポンの戦争責任」について問うた「中国の旅」

など、毒オトナから見れば、
反日極左
というべき内容のルポや著書*1を出していることから、いつしか朝日新聞自体も
反日極左の新聞社」
という「ステレオタイプ」が作られるようになった。

昨年末、MBSでこんな番組が放送された。

www.mbs.jpこの番組の中で、政権与党所属議員「杉田水脈」氏が雑誌「新潮45」にて「LGBTに生産性はあるのか」と綴ったのが大問題になり、同誌が休刊になるエピソードがあるが、それを朝日新聞が問題を煽ったから休刊になった」などと「アジる」雑誌が登場、その雑誌の編集長にインタビューをする。

その時の証言を文字に起こす。この雑誌はことあるごとに「朝日新聞」を叩く作風であることを紹介した後の一言。

朝日、とつけたほうが、同じ新聞よりも、まあ、読者に対するアピール度は強いでしょうね。

また、番組取材班が「ファクトチェック」をおこない、「杉田水脈氏の『生産性』発言」を問題視する記事を最初に配信したのは「毎日新聞」であることを明らかにし、その事実を話すと…

ああそうなんだよね…
でも、毎日新聞は…「弱い」ですよね。部数も圧倒的に少ないし。
(だから、最初に問題視したのは朝日ではなく毎日だと…)
まあ、そうかもな…(笑)
でも、「毎日」じゃあ売れない。
毎日新聞では売れない。朝日新聞じゃなきゃあ。

 明らかに「ステレオタイプ」として「朝日新聞」を利用していることがわかると思う。

日教組日本教職員組合

これも毒オトナがよく用いる「ステレオタイプ」としてよく持ち出される団体。

など、これまた
反日極左の団体」
というステレオタイプが作られてしまった団体である。

4年前に当の内閣総理大臣
日教組日教組!」
というヤジを飛ばしたことは記憶に新しいと思う。

www.youtube.com

民主党

これも、「毒オトナのステレオタイプ」としてたくさん用いられる団体(政党)。

現在は主に政権与党、そしてそのシンパが野党を揶揄するために「ステレオタイプ」として利用している。

たとえばこちらの動画。26分48秒から内閣総理大臣が「民主党」というフレーズを持ち出す。そして「小池晃」氏に「私は民主党じゃないですから」と返される。

www.youtube.com

しかし、「民主党」もほんまに「朝日新聞」「日教組」みたいな使われかたされるようになったなあ…

これらのフレーズ使って「下」を叩けば毒オトナからの共感が得られるんだよね…
嘆かわしい限り。

それでは。

*1:ちなみに今回の参院選で「NHKから国民を守る党」が初めて議席獲得をして話題になったが、この団体の源流も本多勝一氏の著書「NHK受信料拒否の論理」にあると言われている。

*2:学校にも週休二日制を導入するなど。のちに「分数の計算すらできない大学生」などを持ち出して非難囂々を浴びる。

*3:これはスーパーコンピュータの開発事業の目的が漠然と「世界一をとること」でしかないことに対して詰問した、というのが真相。こちらのブログで詳しく解説している