ぶた猫ぶーにゃんの社会的マイノリティ研究所

私、ぶた猫ぶーにゃんの「社会的マイノリティ」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的マイノリティ」に関することを綴ります。

毒オトナの条件(38)田中さん、あなたもそういう考えの持ち主だったのですね…

¡Hola amigos!

今回は毒オトナの条件・第38回。

 

田中さん、あなたもそういう考えの持ち主だったのですね…

今回は本ブログでたびたび取り上げている「田中俊英」氏のYahoo!!ニュースページの話。

news.yahoo.co.jp

最近、この方の綴る記事の内容がだんだん怪しくなってきている。

最近はずいぶん「共同親権」というものに取り組んでいるようだ。

要は両親の離婚によって子どもに不利な状況を与えてはならない、ということでまあ「子供若者支援」のテーマに沿ったものではあるが…

残念ながらわが国ニッポンで「共同親権」を唱えている人たちのほとんどは
「『共同親権』を盾にして自分の前から逃げ去った妻子に『本来の意味でのリベンジ*1』を企んでいる人たち*2」だからなあ…

「キレイゴトでは通用しない」あなたもその論を受け入れますか…

そして一番ショックを受けたのはこちらの記事。

news.yahoo.co.jp

ここの概要欄

きれいごとの嘘よりも、汚い真実のほうが、負け組には納得できるということだ。

ということで大体お察しなのだが、

僕は、彼ら*3は「汚れ」を直視することが、その人気の理由なんだと解釈している。

この世の中にはびこる汚れと偽善、表面的には綺麗事とポリティカルコレクトネスで硬く覆われているが、その蓋の下には汚れと偽りがあらゆる箇所でひしめいている。

その、「この世の現実」を、ひろゆき氏は独特の視点で時々突くから、人気が衰えないのではないだろうか。そして、差別(ヘイト)だらけではあるものの、時々その「板」の隙間から顔を覗かせる「真実の言葉たち」に惹きつけられていまだ利用者が絶えない2ちゃんねるも、「汚れ」から逃げないメディアだと支持者には捉えられているのではないだろうか。

はあ…そういう風にお考えですか…

まさに本シリーズ連載以前の記事で綴ったことそのものじゃないか。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

 そんな「キレイゴトばかりではない『真実の言葉たち』が集まる掲示板サイト」で人生をめちゃくちゃにされた人だっているんですよ。*4
「匿名」「相手の顔が見えない」ことをかさに着て。

そしてそうやって「キレイゴト」がないがしろにされた結果が「ヘイトスピーチヘイトクライム」の蔓延じゃないか。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

 

まあ、人の考えというものはいろいろあって、一部では合致するが別の面ではすれちがうなんてことはよくあることだ。
たとえばHIKIKOMORI当事者の「ぼそっと池井多」氏も「HIKIKOMORI論客の大先輩」として尊敬する一方、「ミソジニー大全開」な文言を述べることもあるし。

しかし、「キレイゴトなんてくそくらえだ」などと述べるなんて、ほんまにうちの親父とそっくりやわ。

あとほんま、「ひろゆき」なんて名前使うのやめてほしいわ。
全国の「ヒロユキ」さんが困るわ…

そんじゃまた。

*1:日本ではいわゆる「雪辱を果たす」の意味でつかわれることの多い「リベンジ」だが、本来は「暴力や虐待を伴う復讐、仕返し」という意味である。最近問題になっている「リベンジポルノ」が本来の意味での「リベンジ」の用法といえる。

*2:実際、「共同親権」確立を目指すとある団体の催し物のイラストにあの毒オトナ好みのイラストを描き続けてきた「はすみ某」が手掛けていたことが話題になった。s://twitter.com/2104ztikrsmn/status/1217737987565375488?s=20

https://twitter.com/2104ztikrsmn/status/1217737987565375488?s=20https://twitter.com/2104ztikrsmn/status/1217737987565375488?s=20

*3:引用者注、「ひろゆき」こと「西村博之」氏と「ホリエモン」こと「堀江貴文」氏のこと。

*4:たとえばタレントの「スマイリーキクチ」氏。