ぶた猫ぶーにゃんの社会的マイノリティ研究所

私、ぶた猫ぶーにゃんの「社会的マイノリティ」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的マイノリティ」に関することを綴ります。

グループホームに住んでみた(47)Aさんに「働カントアカンデ!」と面と向かって言われる

こんにちは。¡Hola amigos!

本シリーズ連載「グループホームに住んでみた」もいよいよ終わりが近づいてきた。

現在は少しずつ家財を実家に運んでいる最中である。

なお、府営住宅の抽選は今回も落ちた。

 

Aさんに「働カントアカンデ!」と面と向かって言われる

以前の本シリーズ連載で、「うつ症状」で休職中の私を「ひとりごと」の形でAさんが揶揄しているらしいことを綴った。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

で、今朝、そのAさんが直接私に言ってきた。

「アンタサア、仕事ハドナイシテンノ…ッテ、アア、今ハ休ンデイルンダッケカ?」

「言ウトクケドナア、人間ハ働カナイトアカンノヤデ。オ金稼ガナイトアカンノヤロ?」

「余計なお世話だ。きちんと休職の手続きはしているし、そもそも心を病んだのはグループホームでの生活からだ」と言おうと思ったが、やめた。

もう、そろそろ退所するし。

Aさんの悪い癖

もう一つ反論しても無駄だと思ったこと。

それはこちらが話そう、反論しようとするとAさんが、

「アア、ワカッテマス!ワカッテイルカラソレ以上言ワントイテクレル!?」

といつも話を遮ってくること。

一方でAさんにとって気に入らないことがあると「ブチギレ」て相手をどやしつけるんだよなあ…

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

「主流秩序」に順応していたら、立派な「毒オトナ」になっていただろうな。
うちの父親みたいに。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

 本当に、困ったちゃんのAさんでした。

次回に続く。