ぶた猫ぶーにゃんの社会的マイノリティ研究所

私、ぶた猫ぶーにゃんの「社会的マイノリティ」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的マイノリティ」に関することを綴ります。

門松は冥土の旅の一里塚…新年を迎えても終わりなき日常は続く。

こんばんは。¡Buenas noches!

また一つ、「冥土の旅の一里塚」を通過した…

昔は「新年」「お正月」は特別なものだった。

遠くの親戚、特に福井市に行くときはとても「うきうき」したものだった。

参考記事

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

しかし、20年前に祖母が他界し、その他親戚とも疎遠になり、また自分自身も「HIKIKOMORI」に身をやつすうちに、

「正月、新年なんて関係ない。自分の周りは『終わりなき日常』が続くだけだ。」

と思うようになった。

ゆえに、「あけましておめでとうございます」などとはとても言える気分ではない。

そんな中で出会ったのが「一休さん」こと「一休宗純」が詠ったとされる狂歌

「門松は 冥土の旅の一里塚 めでたくもありめでたくもなし」

であった。

「面白い一首だなあ。これが『お正月』の正体だよなあ。」

以来、本ブログなど、そして年賀状や「あけおめメッセージ」にはこの言葉を綴っている。

それでは2021年もよろしくお願いします。

(追伸)

前回記事で綴った「JCPサポーターまつりオンライン」の各コーナーの動画を当該記事に追加した。