豚猫大好きぶーにゃんの社会的弱者研究所

豚みたいに太った猫が大好きでたまらない私、ぶーにゃんの「社会的弱者(マイノリティ)」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的弱者」に関することを綴ります。

物書きの世界ですら「性行為の強要」がある…ましてや「セックスアピールアイドル」ならなおさら…

こんばんは。

突然ですが、今回は性的な表現がいくつも入るので折りたたみます。

 先日更新された「マガジン9コラム・雨宮処凛がゆく」の話に衝撃を受けた。

maga9.jp

 

「先っぽだけ入れさせて」

 この言葉は、6月16日に出版される私の新刊『女子と貧困 乗り越え、助け合うために』(かもがわ出版)の前書きの一番最初の一文だ。

 どういうことかというと、物書きデビューした20代の頃、ある小さな出版社の社長から会うたびに言われていた言葉である。つまり、ヤラせろ、ということだ。

 この冒頭の部分に、である。
つまり「性行為の強要」である。

いやあ、物書きの世界にもこんなものがあるんですねえ…

私がこのエピソードを拝見した時、脳裏をよぎったのは私自身がファンだったある「セックスアピールアイドル」の電撃引退のことだった。
姉妹ブログ記事を紹介する。

sgtyamabuunyan.hatenablog.com

このとき、いわゆる「ハメ撮り」撮影を担当したカメラマンは「自分の夫であり、それも数年前に入籍した」と彼女は語った。

その割には彼女の公式ブログや公式ツイッターに「夫婦生活」について綴られた形跡はない。

となると、この「入籍」は本人が望んだものではない可能性が高い。
要するに、「俺の妻になってくれればいくらでも仕事のあっせんをしてやる」と「諭されて」の入籍だろうと想像してしまう。
公的に性行為できる関係になれば…*1

姉妹ブログ記事にも綴ったが、この事件で「ほかのセックスアピールアイドルたちもこの手の性行為・枕営業は日常茶飯事なんだろうなあ」という「疑念」を抱くようになった。

この手の「セックスアピールアイドル」たちは、かつては主に少年漫画誌のグラビアや、ビールなどの飲料や水着および水着素材メーカーのキャンペーンガールなどを務めることが多かった。

その後、キャンペーンガールについては「ジェンダー問題」に関する批判から姿を消し、少年漫画誌のグラビアについても、現在は「AKB48」「乃木坂46」などのアイドルグループメンバーが兼務するようになった。

本来の「セックスアピールアイドル」たちにはもはや「オヤジ系週刊誌」「オヤジ系趣味のコンテンツ*2」しかアピールできる場所がない。
当然、この手のコンテンツ関係者への接触もあるだろう。
そう、接触がね。

「私と性行為してくれたら、その後の生活を保障してやる」
「私と結婚・入籍してくれたら…」
時代劇でよく見る「吉原遊郭の遊女たち」と何が違うというのか。

そしてその成れの果ては「性行為・性的虐待ビデオ」の女優だろう。*3
実際、姉妹ブログ記事の最後に紹介した記事の人が、ついに「性行為・性的虐待ビデオ」に出演した。

とにかく、わが国において「セックスアピールアイドル」は性的強要なんて当たり前である、という認識を持つべきであろう。
物書きですらこうなのだから…

それではまた。Adios amigos!!

*1:実際、事件の数カ月前に、彼女は夫であるカメラマンの「個人事務所」に所属を変えている。

*2:パチンコ遊技機のイメージアイドルだったり、競馬などのギャンブルレース関連コンテンツへの出演だったり…

*3:最近は「性行為・性的虐待ビデオ」に出演しながら、普通のテレビ番組にも出演する人がいる。「セクシー女優」「セクシーアイドル」などと婉曲表現されるが…