ぶた猫ぶーにゃんの社会的マイノリティ研究所

私、ぶた猫ぶーにゃんの「社会的マイノリティ」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的マイノリティ」に関することを綴ります。

グループホームに住んでみた(42)Aさんの「確変チャンスタイム」、あと報告を

こんにちは。

正式に職場で休職手続きを取り、2ヶ月休ませてもらうことになった。

さて、今回はグループホームに住んでみた・第42回。

今回の休職にまつわる話と、一つの報告をしたい。

Aさんの「確変チャンスタイム」

私がうつ症状で職場を休職しているここ最近、Aさんはやけに生き生きしている。

この間、私がお風呂場を掃除している時、Aさんが世話人さんにこんなことを話しているのが聞こえた。

「アノナア、人間トイウノハナア、働カナアカンネン。働カズニ『食っちゃ寝』シテイタラ確実ニ堕落スンネン」

「オレハ一生懸命ニ働イテオ金ヲ稼イデルカラナア」

私に直接言った言葉ではないが、7割がた私に対するあてつけであろう。

まあ、私もAさんやHさん、Tさんに対してはいろいろ見下していたところもある。
こんな風に言われても仕方がないと思う。

そう考えると、現在は私に対する反撃の、いわば「確変チャンスタイム」に突入しているんだろう。

もっとも、Aさんの「働いている」ところというのは運営会社が経営する「デイセンター」の内職作業である。
以前綴った「大人の幼稚園」とほとんど同じ。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

報告です

で、ここ最近、ほかの同居人たちとの関係が悪化していること、グループホームでの度重なるストレス蓄積イベント発生から、私は9月をめどに本グループホームを退去することにした。

具体的には、現在抽選に申し込んでいる府営住宅の抽選結果が9月に発表されるので、それを待ってから退去する予定。

というわけで、本シリーズ連載「グループホームに住んでみた」も、数回程度で終了予定である。

次回に続く。