豚猫大好きぶーにゃんの社会的弱者研究所

豚みたいに太った猫が大好きでたまらない私、ぶーにゃんの「社会的弱者(マイノリティ)」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的弱者」に関することを綴ります。

本日の一言。

おはようございます。

本日から新カテゴリー「読書」を設置した。
最近、ネット書店などで文庫本や新書本を漁ることが多くなった。
そこで、心に残ったフレーズをここに紹介しようと思ったのだ。

 本日の一言はこちら。

「がんばれと言っていいのは、その人の目標が100として、70点くらいまでいっている人に、背中をポンと押すときだけ。ゼロやマイナスの位置にいる人に、がんばれと言っても、私にはむごい言葉だという感じがするんです。方向性が見えない人って、何をがんばればいいのかわからないときがあるから…」

オムニ7 - セブンネットショッピング|下流中年 一億総貧困化の行方 P222
(例によってセブンネットショッピングのリンク↑)

その通りだ。
何をがんばればいいのか、がんばったところで成果が出るのか皆目見当もつかない人に、「がんばれ」といっても無駄だ。
ましてや、松岡修造氏がやるような説教など全く心に届かない。

この本に出てくる人たちは、がんばった結果、社会不適応=HIKIKOMORIになったのだから。

それにしても、そこにシビれるあこがれるHIKIKOMORIの師匠、二条淳也は元気かなあ。
まあ私はあの方に邪険に扱われるようになったからなあ。