ぶた猫ぶーにゃんの社会的マイノリティ研究所

私、ぶた猫ぶーにゃんの「社会的マイノリティ」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的マイノリティ」に関することを綴ります。

グループホームに住んでみた(30)やはり私は「大佐」の器ではない

おはようございます。¡Buenos dias!

やっぱり日曜朝のNHKは「小さな旅」のほうがいいわ。

今回はグループホームに住んでみた・第30回。

 

やはり私は「大佐」の器ではない

グループホームに住んで半年以上。

だいぶ他の入居者の人となりも把握できた。

しかし、把握すれば把握するほど、私は辛く当たってしまう。

Aさんに続き、Hさんに対しても

前回はAさんの妄想癖に悩まされている話を綴った。

妄想にのっとっていつも怒号を浴びせられ、私も怒号で返してしまう。まさに「売り言葉に買い言葉」。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

そして、Hさんのニコチン脳についても相変わらずだ。室内に吸殻が落ちていることを見つけると叱責する。
そしてHさんは「イヤア、知ラナイデス…」ととぼける。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

こういう場合、「大佐」ならどう接するのだろう。
少なくとも、直ちに怒号は浴びせないだろう。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

訪問看護師にまた諭される

先日、訪問看護師による定期面談があった。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

そこで、私は最近他の入居者のことで嫌気がさし、苛々している旨を話した。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

看護師はこう話してくれた。

「あなたはよく頑張ってくれている。しかし、ほかの入居者の生活態度のことは世話人、そして私たち看護師に任せてくれたらいい。もっと自分自身のことに目を向けてほしい」

そうですよね…確かに自分は「できる人」だからと、なんか背負いこみ過ぎていたところがあったのかもしれない。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

そして同時に、自分は「大佐」にはなれない、「大佐」の器ではないことを改めて悟った。

 

それでは次回。