豚猫大好きぶーにゃんの社会的弱者研究所

豚みたいに太った猫が大好きでたまらない私、ぶーにゃんの「社会的弱者(マイノリティ)」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的弱者」に関することを綴ります。

毒オトナの条件・第10回「『やればできる』は地獄の合言葉」

おはようございます。

本当に今年になってブログの更新自体がおっくうになった。
春から夏にかけては長期休止もしたし…

今回は毒オトナの条件第10回。

「やればできる」は地獄の合言葉

「『やればできる』は 魔法の合言葉」

愛媛県の「プロ部活」が盛んなある私立高校の校歌の一節である。*1

しかし、この「やればできる」という言葉、なんでもかんでも使っていると当人を傷つける危険性を孕んでいる。

才能ある人間が高みを目指すためにしか使ってはならない

そもそも「やればできる」という言葉は、
「もともと才能を持った人間が、その才能をフルに発揮させ、高みを目指す」
「70%の達成率にいる人間に、あと一押しをさせる」

ためにこそ使われるべき言葉なのではないかと思う。

世の中には、「何をやらせても平凡以下」「何をやらせてもうまくいかない」人間が無数に存在する。
そういう人たちに、「あんたはやればできるんだから」と周りの毒オトナたちから言われても、「本当にやればできるの?全然できないんだけど。それよりも『比較的苦痛なくできること』を見出すべきなのでは?」と私は思うのだが…

私も、「やればできる」と尻を叩かれ苦難を強いられた

先月、NHKEテレで、とても良質なドキュメンタリー番組が放送されていた。

www4.nhk.or.jpこの番組はとてもよかった。
自閉症発達障害)持ちのオレグ青年が、「毒オトナ」の母親からひたすら
「頑張ればできる」
「あんたは怠けているだけ」
などとひたすら尻を叩かれていた。*2

前々回、「NHK発達障害キャンペーンに『伝説のクリーチャー』を並べても嫌味なだけ。発達障害当事者のほとんどは『伝説のクリーチャー』のような立場にはないから」と綴ったが、まさにこのオレグ青年が親や周りから「無知・無理解に基づく仕打ち」で虐げられているような状況が、発達障害当事者の多数の実態だと思う。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

私自身もまた、このオレグ青年と同じ状況にあった。
親はもちろん、周りの毒オトナたちから「松岡修造責め」を浴びせかけられていた。
その状況で、私は「適性のない仕事」に就いては短期でやめることを繰り返し、しまいには「HIKIKOMORI」になってしまった。

「やればできる」などといって、「無理なことを」「無理やり」させていませんか?毒オトナの皆さん

このように、「やればできる」という言葉は当人、特に発達障害など「社会(主流秩序)に適応できない特性を持った人」を大いに苦しめる言葉になってしまっている。

繰り返しになるが、世の中には「どんなに『やればできる』と発破をかけても」「それをうけてどんなに当人が『努力』をしていても」全然無理な(できても平凡以下の結果に終わる)ことが多数存在する。

そういうことを信じたくない「毒オトナ」たちが、「やればできる」「努力すればできるようになる」などとウソを並べて当人を苦しめている。

本当に、毒オトナたちは残酷な存在だ…

次回に続きます。

*1:正確には当該学校法人の「学園歌」。こちらのリンク先参照。

*2:実際に平手打ちまでしていた…

毒オトナの条件・第9回「『選ばなければ仕事はあるはず』と無責任発言」

こんにちは。¡Hola amigos!

もう12月に入ったねえ。
今月中にはこのシリーズ連載も終わる予定。

第9回「『選ばなければ仕事はあるはず』と無責任発言」

これも私自身、周りの毒オトナたちから浴びせかけられた文言だ。
2000年代就職氷河期において就職活動をしていた時などに浴びせかけられた。

「お前が仕事にありつけないのは職種等を選り好みしているからだ。そういう『選り好み』せずに、『何でもやります』の意気で就活をせんかい!」ということらしい。

しかし、よく考えたら「何でもやります」というのは就職先に対して実に失礼な言葉だと思う。
就職先の側は「○×ができる人」と、ある特定の技能などを持った人を求めているはず。
そこに「何でもできます、何でもやります!」と求職者側が言ったところで就職先としては「???」だろう。

「就職できない人を見下す」マウンティング

「選ばなければ仕事はあるはず」…
これもまた、「就職できない人を見下し、馬鹿にする」=「マウンティング」の一種だと考えていいだろう。
こういう「毒オトナのマウンティング発言」を真に受けてしまうと、求職者側にとって最悪の事態に陥ってしまう。

私自身のように…

「何でもやります」と言ったところで、適性が合致していないと仕事もままならない

私自身、「選ばなければ仕事はある」を真に受け、いろいろな仕事をしたが、いずれも1年経たずに辞めてしまった。

辞めてしまった原因は、ひとえに「適性がなかった」から。

うちの地元近辺では、「小売業」「飲食業」など、いわゆる「接客業」の求人が多かったが、残念ながら私にはこれら「接客業」に対する「適性」がなかった。

「適性のなさ」に気付くまでに10年以上かかった。

そのときに気付いたんだなあ、「選ばなければ仕事はあるはず」という言葉は、

  • 「仕事に適応できない人」に対する呪詛であり、
  • 「就職できない人」に対するマウンティングの言葉だと。

その後ようやく、私の適性について考えた末に就職した現在の職場にありつけ、現在4年が経過した。

適性と職種を照らし合わせ、仕事を「選り好み」しよう!

やはり、職探しをする際は、自分の適性をよく考え、それを職種と照らし合わせて「選り好み」することはとても重要だと思う。

それだけでなく、「自分の適性に合った職種」の職場見学も重要だと思う。

私の場合、見学だけでなく職場の「インターン」もさせてもらった。
そこで「あ、これは自分にも定着できる仕事だ」と思ったがゆえに正式就職した。

それにしても、毒オトナたちは本当に無責任だよなあ…

それではまた次回。

毒オトナの条件・第8回「マウンティング企画と化したNHKの発達障害企画」

こんばんは。¡Buenas noches!

昨年から始まったNHK発達障害特集企画「発達障害プロジェクト」が、最近「発達障害って何だろう」に変貌した。

www.nhk.or.jp

しかし、今回の企画には、残念ながら私は「悪臭」を感じ取ってしまった。
今回は「毒オトナの条件」の第8回として、このことを綴る。

第8回「マウンティング企画と化したNHK発達障害企画」

今回も、様々な番組やウェブサイト企画等で発達障害についていろいろ紹介するキャンペーン企画なのであるが、今回はずいぶんと「伝説のクリーチャー*1」どもが湧いて出ている。

などなど…

「伝説のクリーチャー」のカミングアウトに、「マウンティング臭」を感じる

こうした「伝説のクリーチャー」たちの「私は実は発達障害持ちでした」というカミングアウトに、私は励まされる以前に「マウンティング臭」を感じてしまう。

なぜなら、彼ら彼女らは「カミングアウトしても叩かれない、あるいは周りから自分の立場を受け入れてもらえる」立場にいるからだ。

こういう存在は逆に「真の発達障害持ちの姿」を見えにくくさせてしまうように私は思う。
そのうえ、「発達障害持ちでもこんな立派な『伝説のクリーチャー』たちがいるのになんであんたは『伝説』になれないの?」と周りから虐げられる危険性すらある。

「真の発達障害持ち」…それは周りの「無知・無理解」に苛まされている

たとえば「栗原類」氏はこの間の「きょうの健康」でも放送されていたが、母親がものすごく栗原氏自身のことを理解し、支援してきたという。
こんな例ははっきり言って「稀」である。

私もそれに含まれるが、「真の発達障害持ち」というものは、逆に親や周りの人たちから「無知・無理解」をぶつけられるのが普通だ。

「自分ハ発達障害ユエニナカナカウマイコトイカナイ」と言っても、「それはお前が甘えているだけだ」「病気のせいにするな」などという言葉をぶつけられる。

まさに本シリーズ連載のテーマ「毒オトナ」のしぐさではないか。

こういう企画は「毒オトナ」を増長させる

そういう「毒オトナ」たちが、こういう企画に接触したらそれこそ繰り返しになるが「こんな伝説のクリーチャーがいるのになんでお前は『伝説のクリーチャー』になれないの?」と当事者に対し叩いてくるだろうことは容易に想像できる。

今回、「発達障害って何だろう」企画では意見も募集しているようなので、早速このことをNHKに対しても綴ろうと思う。

それではまた次回。

*1:マジック:ザ・ギャザリング」というトレカゲームにおける兵隊カード(クリーチャー)の中で、物語の中心人物等に与えられる特別な称号を持つ兵隊カード。たいていは高スペックのステータスと特殊能力を持ち、また場には1枚しか配置できない特殊ルールがある。

毒オトナの条件・第7回「トーンポリシング」

おはようございます。¡Buenos dias!

しかし、今回のシリーズ連載「毒オトナの条件」を綴っていて、私が「毒オトナ」たちから受けた仕打ちを思い出して心が荒んでくると同時に、自分自身も「毒オトナしぐさ」というべき行為をしてしまっていることにも気づいてしまう。

このことについては最終回にも綴る予定。

さて今回は「毒オトナしぐさ」の中でも本当に酷いトーンポリシングについて綴ろうと思う。

第7回「トーンポリシング

トーンポリシング」という言葉はやや聞きなれないが、要は「言うてることはわかるが言い方や態度がよくない」と「諭す」ことで、「弱い立場の人たちが声を上げることを封殺すること」である。

こちらのネット記事に詳しい。*1

「冷静に」なんてなりません!|Erin|note

 弊ブログ過去記事に見るトーンポリシング

実は、弊ブログの過去記事に寄せたコメントにもそういう「トーンポリシング」を披露するものがあった。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

この記事では、何かを社会的に訴える「デモ活動」のことを「社会としては不幸なこと」とコメントの主が寄せていることを紹介したのだが、この裏には、
「デモ活動」なんかやったところで社会に受け入れられると思ってんの?
と半ばバカにするニュアンスが含まれている。

では問いたいのだが、社会的に何かを訴えたい人たち*2が政権与党の代表あるいは内閣総理大臣に丁重に「お話がしたいので会ってくれませんか?」と伝えたところで快く会ってくれるとでもいうのですか?

トーンポリシング」もまた、「マウンティング=相手を見下したい行為」の一形態

このような「トーンポリシング」もまた、本シリーズ連載で以前から綴っている、
「マウンティング=相手をバカにし、見下す行為」
の一種だと思う。

先ほどの過去記事で紹介したコメントには「当事者は楽しくても」とあるが、ようはこのコメント主は「当事者ではない」というわけである。だから見下せる。

トーンポリシング」が、政権与党など「主流秩序の側」に向けられることは決してない

そしてこの「トーンポリシング」のいやらしいところは、「マウンティングの一種」と綴ったように、
常に「下」の立場に対してだけ向けられ、「上=主流秩序」の立場に対して向けられることは決してない
ということ。

たとえば国会において「野党は反対ばかりしているゆえに野党が主張する要望や政策などが受け入れられないのだ」などという「批判」がよくなされる。
しかし、そんなことを言う人たちが「野党に反対ばかりされないためにも、与党の側も野党の要望を多少は受け入れないと」とは絶対に言わない。
なぜなら単に「野党をバカにしたい」だけだから。
バカにして、「自分は与党と同じ立場にいる」ことを確認したいだけだから。

マウンティングにトーンポリシング…すべては「自分は傍観者=非当事者」だからこそできること

今回のトーンポリシングも、以前から綴っているマウンティングも、
「自分はマウンティング、トーンポリシングされる対象=当事者の立場ではない」
からこそできることである。

だからこそ評論家気取りで無責任なこと(=マウンティングやトーンポリシング)が言えるのである。

本当にいい加減にしてほしい。
毒オトナは平然と人を殺せるほどに冷酷な存在である、とシリーズ連載を綴って思う。

それでは。

*1:ちなみにはてなキーワードの「トーンポリシング」記事にも同じ参考リンクあり。

*2:たいていは社会的弱者のカテゴリーに入る人たちである。

毒オトナの条件・第6回「『私は努力して主流秩序に順応した』アピール」

こんばんは。朝夕寒いね…うちもこたつを用意したよ。

第6回「『私は努力して主流秩序に順応した』アピール」

前々回「アドバイスや支援という行為には、少なからず相手を『上から目線』で見下す=マウンティングが孕んでいる」ということを綴った。

今回はそういう「マウンティング」行為の中でも最も嫌らしいものを紹介したい。

「私は努力して主流秩序に順応したんだ!」

皆さんの人生の中で、周りの人や、あるいはテレビや雑誌のマスメディアなどで、こんな言動をしている人はいなかったか。

  • 「私は努力して事業を軌道に乗せ、現在の地位を築いたんだ」
  • 「私は努力してコミュニケーション能力を身につけてきたんだ」

要は、私の師匠「伊田広行」氏がいつも言っている「主流秩序」への順応・従属をアピールしているわけだ。

そしてたいていはこう続くのである。

  • 「だからお前らは駄目なんだ」
  • 「努力できない奴なんて救う必要ないんだ、野垂れ死ね」
  • 「努力しないやつらには『矯正収容』が必要だ」

「はじめから恵まれた環境」にいる人よりも、「困難から乗り越えた」ような人がこんなことを言う

上記のような「私は努力して主流秩序に順応したんだ、主流秩序に順応できないやつらには『社会的制裁』が必要だ」などという言動は、

  • 富豪の家庭で生まれ育つなど、「はじめから恵まれた環境」で生育した人たちには少なく、
  • 母子家庭や貧困状態で生まれ育つ、社会に適応できないなど「困難まみれの環境」を乗り越えて現在の地位を築いた、という人たちに多い。

なぜこんな言動をするのか。

ひとえに「自分のかつて所属していた属性」を見下したいからにほかならない。
要は「マウンティング」である。

  • 「母子家庭で育ちながら努力して困難な環境を乗り越えて一流企業に就職あるいは一流士業になれた人たち」が「母子家庭への公的支援の拡充を求める人たち」のことを見下す。
  • 「非正規雇用でありながら努力して家計をやりくりし、一人暮らしで生計してきた人たち」が「派遣切りに遭って『年越し派遣村』のお世話になっている人」を見下す。
  • 「かつて『HIKIKOMORI』=社会不適応状態だったが、努力して『コミュ力』を手に入れ社会=主流秩序に順応できた人たち」が「HIKIKOMORI」を見下す。

こんな構図がいっぱいあるよなあ。

そもそもどれくらいやったら「努力した」と認定されるの?

「努力して主流秩序に順応した」人たちが努力していない(と思われる)人を見下す構図。

では、どれくらい「努力したら」いいんだろう。
多分見下している当人もわからないと思う。

そもそも努力なんて基本的に「運」と「縁」がからまないと報われることのないものだと思う。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

 前々回に引き続き…

私自身もこの手のアピールをしてしまったことを告白せねばならない。

それは二条淳也師匠に「障害基礎年金の受給」を勧めてしまったこと。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

これもまた、「自分が障害基礎年金を受給できたからお前もやったらどうだい」という「人を見下した行為」になってしまったと今では思う。
本当に申し訳ない。

誰しもが、「毒オトナ」になりかねないことを肝に銘じたいものである。

それではまた。

毒オトナの条件・第5回「自分基準で他人を見下す」

おはようございます。

今年も残すところあと2か月、61日となった。
今年は本当にほとんどブログ記事の執筆ができなかった…本当に申し訳ない。

第5回「自分基準で他人を見下す」

今回はシリーズ連載「毒オトナの条件」の第5回。
テーマは「自分基準で他人を見下す」。

自分自身の経験、そして以前から綴っている「ステレオタイプ」を「元手」にして、他人を侮蔑したりする行為について綴る。

私は発達障害自閉症スペクトラム)持ちで、それに気づくまでだいぶ時間がかかった。
その間、学校で、職場で、たくさんの「毒オトナ」たちから侮蔑を浴びせられた。*1

「俺だったら簡単にできるぞ」

私が「毒オトナ」たちから浴びせられた言葉で一番多かった内容がこれ。

  • 「俺だったら簡単にできるぞ」
  • 「お前みたいなどんくさい人間見たことない」
  • 知能指数(IQ)なんぼあんねん、お前」

つまり、自分(あるいは自分ができること)を基準にして、それができない人たちのことを侮蔑しているわけである。

他者への想像力が欠けている

こういう「毒オトナ」たちは「自分は簡単にできるけれど、他の人は逆に極端に苦手だというケースがある」ということを考えたことがない。

「他者への想像力」が欠けてしまっている。

特に親・親族がこんなタイプであったら(私もそうだ)、もはや生きた心地はしないだろうな…

主流秩序に「酔っている」毒オトナたち

こういう、「想像力に欠けた」毒オトナたちは、

主流秩序に酔っていると思う。

前回綴った「マウンティング」の手法で、自分を基準にして他人を見下すことで「自分は主流秩序に順応できている」ことを確認しているわけですわ。

それではまた。

*1:これらについて詳しいことはシリーズ連載「私と発達障害」を熟読してください。

毒オトナの条件・第4回「『アドバイス』というマウンティング」

こんにちは。¡Hola amigos!

現在綴っている「毒オトナの条件」、「ステレオタイプ」「マウンティング」がキーワードになっているなあ。

というわけで、今回も「マウンティング」を軸に綴りたいと思う。

第4回「『アドバイス』というマウンティング」

前回「マウンティング」について綴った。

「自分は(マウンティング対象よりも)優位な立場なんだぞ」と何らかの形で誇示することであり、主に「相手を見下す言動」という形で表現されるのだが、もうひとつ別の形での「マウンティング」を今回は紹介したい。

それは「支援・アドバイス」という形での「マウンティング」。

人生相談コーナーの嫌らしさ

新聞や雑誌等でよく見かける「人生相談コーナー」。

すべてとは言わないが、相談に対してアドバイスをする側に「嫌らしさ」を感じてしまうのは私だけではないと思う。

「煙草の煙が苦手です」という人に対し「我慢が足りない」、「上司のセクハラに悩まされています」という人に対し「セクハラ受けるのは女性の勲章」とか…
これはアドバイスする側の「マウンティング」であり、また第1回で綴った「遮る」行為といえる。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

そのうえ、「アドバイスする」という「マウンティング」には、もうひとつの「効用」がある。

対象者がどっちの行動をとっても自尊心が満たされる

それは、「アドバイスの対象者」が自分のアドバイスに従っても、従わなくても、アドバイスする側の「自尊心」が満たされること。

  • 対象者がアドバイスに従えば「自分のアドバイスは有益だった」とご満悦。
  • たとえ対象者が従わなかったとしても「あいつは自分のアドバイスを受け入れようとしない愚か者だ」と見下せる。

「支援・アドバイスをする側」に「嫌らしさ」を感じるのはここら辺にあると思う。
「アドバイスの対象者」を、半分バカにしているのだ。

自分も自覚・反省せねば…

さて、私自身も弊ブログでたびたび「マウンティング」をしていることを告白せねばならない。

純粋な形での「マウンティング」は「諸星ノア」氏に対してやってしまっているし。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

「私は女性にやさしくありたい」「恋人がいる」あたりなんか見下してるものね。

また、「『アドバイス』というマウンティング」もね。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

「相談・アドバイス」という行為に対して、「マウンティング」という「嫌らしさ」を多少たりとも孕んでしまうことは自覚すべきだと思う。

それではまた。