豚猫大好きぶーにゃんの社会的弱者研究所

豚みたいに太った猫が大好きでたまらない私、ぶーにゃんの「社会的弱者(マイノリティ)」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的弱者」に関することを綴ります。

二条淳也師匠のブログでいまさら気づいたこと。

こんばんは。

今回は嫌われて4年近くになった二条淳也師匠について綴る。

二条淳也師匠のブログ「高齢ひきこもり」は、おそらく発達障害当事者だと思われる師匠のこだわりがある。

その一つが、記事タイトルにわざわざ「。(句点)」をつけていること。
弊ブログでもこのスタイルをまねしている。

そしてもう一つ、これは私自身全然気づかなかったのだが、

「数字部分を漢数字で表記している」

ということ。

たとえば「五十年」「千九百八十円」などといった感じで。

嫌われているがゆえに当該ブログにコメントするわけにはいかないので私なりの考察を綴るが、おそらく、

「テンキーやキーボード上部の数字部分に手をやるのが面倒くさい」

からだろう。

そうなると、「ごじゅうねん→五十年」「せんきゅうひゃくはちじゅうえん→千九百八十円」と、直接読みから変換することになる。
で、この場合、一番最初に来るのが大体漢数字なのである。
もちろん算用数字にも変換できるが、何回もスペースキーを押すのは煩わしい。

うん、我ながら名推理だな。

それでは。

政治問題に関する近況報告。

おはようございます。¡Buenos dias!

今回は政治問題に関する近況報告。
本当に最近は政治問題を綴っているわ…
浪速のトランピズムなど社会的弱者に対して顔を向いていない勢力が盛況なのだからしょうがない…

あのダブル選の総括

先日、「浪速のトランピズム政党」の大勝利に終わった大阪ダブル選であるが、なかなか鋭い考察をされているブログを発見した。
…と言っても普段愛読しているブログで、「毒親」問題でも紹介したブログなのだが。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

 

blog.goo.ne.jp

でも、よくよく考えると、こんな結果に終わるのも当然かも知れません。なるほど、維新以外の党は全て都構想反対を訴えていました。しかし、その訴え方たるや、もうバラバラでした。統一した選挙母体で都構想反対を訴えるのではなく、それぞれの党の名前で、てんでバラバラに都構想反対を訴えるだけだったのですから。そして、議員選挙では、候補者調整も行わないまま、それぞれ自分たちの党の宣伝だけに終始していました。

この記事を読んでいて、私は反トランピズム陣営について「三国志における『反董卓連合』」を思い出したわ。(最近三国志のゲームにはまっていることもあって)
帝を抱えて好き勝手し放題の董卓に対し、曹操孫堅袁紹など「そうそうたる面々」をそろえておきながらいずれも「董卓に成り代わること」しか考えておらず足を引っ張りあい、権勢を許してしまった話。
結局董卓の権勢終焉は身内の呂布が裏切るところまで待たなければならなかった。

堺市で「あの言葉」が出てこないのはなぜ?

さて、今一番勢いに乗っている「浪速のトランピズム政党」。

大阪市に次ぐ大阪府内の政令指定都市堺市では現在、「浪速のトランピズム」と距離を置く立場の現市長が政治資金問題でとんでもないことになっている。
むろん、「浪速のトランピズム政党」はこの問題を持ち出して現市長を辞任に追い込もうとしている。

www.nikkei.comさて、森友学園加計学園問題ばかり追及しないで、もっと国の将来について議論しろよ」と毒オトナたちが国政野党に対してぶつけるのだが、現在堺市政においての野党である「浪速のトランピズム政党」に対して「市長の政治資金問題なんて小さなことばかり追及しないで、もっと堺市の将来について議論しろよ」なんていう声が聞こえないのはなぜだろう。

それは「浪速のトランピズム政党」が「大阪の政界で最も『上』にいる政党」だからなのだろう。
以前「毒オトナの条件」で綴った「マウンティング、トーンポリシングなどは『下』に対してしか向かわない」ということ。

 

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

たとえば国会において「野党は反対ばかりしているゆえに野党が主張する要望や政策などが受け入れられないのだ」などという「批判」がよくなされる。
しかし、そんなことを言う人たちが「野党に反対ばかりされないためにも、与党の側も野党の要望を多少は受け入れないと」とは絶対に言わない。
なぜなら単に「野党をバカにしたい」だけだから。
バカにして、「自分は与党と同じ立場にいる」ことを確認したいだけだから。

毒オトナの条件・第7回「トーンポリシング」 - 豚猫大好きぶーにゃんの社会的弱者研究所

 それではまた。この後仕事です。

衆議院大阪12区で、共闘派無所属で立候補した人のこと。

こんばんは。¡Buenas noches!

「浪速のトランピズム」がなおも続く地元だが、絶望しているわけにはいかない。
一昨年(2017年)年初の「ドナルド・トランプ」大統領就任の翌日、「反・トランピズム」の女性たちが「ウィメンズ・マーチ」を開催したように。

さて、再来週の21日には、統一地方選後半戦と同時に、衆議院大阪12区の補欠選挙も開催される。

 

www.jcp.or.jp

私は、同選挙区で、「野党共闘派から無所属で立候補した前衆議院議員」氏に注目している。

私が氏のことを知ったのは1998年の参議院議員選挙だった。
地元選挙区に「共産党」から立候補していた。
私は氏に投票した。
私が国政選挙で初めて投票したのが、氏であった。

このとき、「共産党」は23議席を獲得。
参議院の1割を占める一大勢力になった。

しかし6年後(2004年)、改選期の選挙戦で敗れてしまう。
地元選挙区最後の枠を、当時勢いのあった「民主党」の候補者と争い、敗れたのだ。

その後、衆議院比例代表選出として政界復帰。

その間、大阪の政界を「政権与党」、そして「浪速のトランピズム政党」が牛耳るようになったのは弊ブログで以前から綴った通り。
一方で「民主党」は政権を現政権与党に明け渡した後、四散した。

こういう経緯から、私はやはり一貫して戦い続けてきた氏のことを応援したくなるのである。

(追伸)
「本家ドナルド・トランプ」と「浪速のドナルド・トランプ」について考察している記事があった。3年前の記事になるが。

diamond.jp特に、次の部分が「わが意を得たり」と思った。

橋下徹ブーム」は、橋下氏及び彼の仲間たちが、多くの国民が不満の解消を託す「受け皿」となることで、政治的現象となった。国民は既得権を持つ者が有利に物事を進めることに反感を覚えて、「改革」を半ば憧れるように渇望していた。

小泉政権時代から使われているので、「改革」という言葉にはすっかり手垢が付いた印象があるが、小泉政権への熱狂的な支持も、民主党への政権交代有権者が期待したものも、橋下氏が変えてくれるのではないかとの期待の先にあったものも、日本では主に官僚集団を中心に政治家や一部の経済人及びメディアががっちり握っている「有利な既得権」の解体だった。

「それは公平ではない」と思う人々の感情は強力に機能する。時には、自分個人にとって不利益と思えるような政策でも、公平を損なって得をしている連中を処罰できると思うと、人は喜んで支持する。

(太字強調は引用者)

 

 まさにこれだよな。

でも、まあいいんでしょう。民営化で水道インフラが崩壊したとしても。 「公務員の『既得権益』」に大ダメージが与えられれば。
それが私の父親も含む「毒オトナ」たちが望んでいることなのだから。

浪速のトランピズム政党についてもっと続き。私からの質問が取り上げられました。 - 豚猫大好きぶーにゃんの社会的弱者研究所

 紹介した記事は「トランプ 橋下徹」で検索して見つけた記事なのだが、この「橋下=浪速のドナルド・トランプ」氏がいかに「本家ドナルド・トランプ」氏をべた褒めしているか、検索結果からよくわかる。
まさに「類は友を呼ぶ」。

それでは。

浪速のトランピズム政党についてなおも続き。暮らし向きが悪くなっても「利権叩き」をしてくれればそれでいいんだな…

こんばんは。¡Buenas noches!

やはりというか、案の定というか、昨日の大阪府知事大阪市長ダブル選は

「浪速のトランピズム政党」の大勝利

となった。

せめて開票率1%あたりでようやく「当選確実」…という風に粘ってほしかったが午後8時ジャストでの「ゼロうち当確*1」だもんな…

やはり以前にも綴ったように「府職員上がりの元副知事」が対立候補であったほか、いわゆる「抵抗勢力」に見えたんだろうね…
国政の政権与党から「共産党」まで…

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

今回の選挙で私が思うのは、昨秋の「台風21号」の際、今回入れ替わった府知事と市長は何をしていたかもう忘れてしまったのだろうか、ということ。

地元は半年以上経った今でも、屋根瓦が剥がれてブルーシートを応急処置として敷いている家がいっぱいある。
関西国際空港では連絡橋にタンカーがぶつかり、空港島にいた人が孤立した。

にもかかわらず「災害対策本部」すら即座につくらず、万博会場の投票日が近いからとロビイ活動にうつつを抜かしていた。

このとき、
「ああ、この二人、私たちの側を向いていないな」
と思ったね。

対立候補陣営はここら辺を武器にすればよかったのではないか。
今になってそう思った。

まあ、以前にも綴ったが、たとえ暮らし向きが悪くなろうとも、行政のトップが自分たちの側に向いていない政策や言動をしようとも、「浪速のトランピズムに反対する利権陣営」にぎゃふんと言わせさえすれば支持者は満足するんだよね。

こちらの記事なんか大阪の歴史を交え、なかなか鋭い分析をしているわ。

news.yahoo.co.jpほんじゃまた。
私はあくまでも「自分たちのほうを向いてくれる代理人」を応援するだけ。

*1:開票前に、いわゆる「出口調査」などでの分析からマスコミ屋が「当選確実」を発表してしまうこと。

浪速のトランピズム政党についてまだ続き。こういう人が「浪速のトランピズム」の構成員だ。

おはようございます。

いよいよ明日に迫った「大阪府知事大阪市長ダブル選」。
以前から綴っているが、今回も「諸葛亮孔明もびっくりの奇策*1」を弄した「浪速のトランピズム政党」の大勝利だと思っている。
現に各種世論調査でも同政党の候補者が一歩リード、中には「圧勝」予測までされている。

さて、同政党の構成員*2に、「人工透析を受ける羽目になった人たちは自業自得なので全額自己負担にすべき。支払えないならそのまま死ねばいい」と公式ブログで綴った「フリーアナウンサー」がいる。

その「フリーアナウンサー」氏が先月、以前弊ブログでいくつか記事を紹介したサイト「メディアゴン」に弁明の寄稿をされていたのでここに紹介する。

閲覧注意!!

mediagong.jp寄稿の最後に、

もう一つは徹底的に切り取り、ウソを垂れ流すことによって行われる「当該人物や団体への評価を貶めることによって、誰にも相手にされない存在に堕としていく方法」だ。

 とあるので、切り取らずに、誠実に、寄稿について綴るが…
やはり私はこの人を擁護できない。

PV稼ぎのためにあの記事を綴ったのか?

まず、「例の記事」によって「社会的信用」が失墜した経緯について綴っている。

私は『本気論・本音論』という公式コラムを2014年の4月より執筆しており、現段階でほぼ丸5年間、週に2~3本のペースで時事問題や日本社会の問題点などに『本気で・本音で』執筆する、というスタイルをとってきた。

「スタイルをとってきた」という微妙な表現になったのには訳があり、実は途中、PVを稼ぐために、本音とはかけ離れた突飛な意見や乱暴な表現、他の表現者に対する敬意のかけらもないケンカ腰の表現など、読者の方々に時として不快な思いをさせかねない・・・いわゆる「炎上商法」と呼ばれる文章に傾き過ぎていた時期があったためだ。

2016年9月に「保育園落ちた、日本死ね」という大ブームを巻き起こしたブログ*3のタイトルをもじり、過激に走りすぎたタイトルのコラムを掲載したところ、大きな批判が巻き起こり、多くの方がご存知のように、私はほとんどのメディアがもはや相手にしない存在になった。

 「炎上商法」ねえ…
単にPV稼ぎをするためにねえ…
PV稼ぎのためだけに、人間の尊厳をずたずたに引き裂くような内容の記事を綴ったのか。

はっきり言おう、この人の「例の記事」は「ルワンダ大虐殺」を煽ったラジオと同じ

 あと、「人工透析を受けている患者は死ねばいい」と綴ったのは「保育園落ちた日本死ね」のニュアンスなのだという。

「保育園落ちた」の場合は「まともな子育ての環境も整えられない日本という統治形態は旧ソ連のように一度崩壊してしまえ」と、直接個人に対して「死ね」とは言っていないと思うのだが、この人の場合ははっきりと人工透析を受けている人」に直接「死ね」と綴っている。

私自身、「お前のような『NEET』という社会の汚物は死んでしまえ」と「すれちがいMii広場」でぶつけられたことがある。

「死ね」と直接言われた人たちは強い恐怖に苛まれる。
そりゃそうだ。
いつ、どこで、何をされて殺されるかわからないのだから。

はっきり言って、例のブログ記事は「ルワンダ大虐殺」を煽ったラジオと同じだと思う。

結局「金食い虫」だから「死ね」か

さて、しかし、この騒動にはあまり世間的には語られていなかった裏側が存在している。

件(くだん)のコラムは、日本の医療界・特にその中でも医療費の増加傾向に歯止めがかからない人工透析病棟の取材を終え、その問題点を鋭く指摘する内容であった。もちろん、今のままでいい! という意見もあることだろう。その意見も尊重すべきである。しかし、あまりの社会保障給付費の増加に歯止めがかからない現状がある。その社会保障給付費は若者たちの給与から天引きした保険料によって支払われる。

ご存知のように若者たちの可処分所得は限界値を超えて減少の一途をたどっている。果たしてこのままでいいのか? 私は関東にある透析病棟に加え、四国と北海道にある透析病棟の2カ所を取材。あたかも利益目的のために患者を囲い込んでいると受け取られる可能性を否定できない現状をつかみ、その内容をルポすることを文中に匂わしていた。

しかし、人工透析の世界は、どれだけ低く見積もっても年間2兆円、現実的にはある医師などは「年間3兆円のお金が動く」と主張するなど、超巨大市場だ。

ただの私のアンチかも知れない。
人工透析利権を守りたい輩かもしれない。
なんの関係もないただの狂った人間かも知れない。

 

 例の記事を綴った経緯をそのまま転載した。
「切り取らないでほしい」といっているようだからそのまま転載した。

結局「金食い虫」だから「死ね」ということなんだよね。
生活保護受給者バッシングと同じ。

「自分こそが被害者」アピール

記事には、「自分はもちろん家族にまで殺害予告」「公式ブログが突然検索エンジンに引っかからなくなる」「ウィキペディア記事が誹謗中傷だらけ」など、「自分こそが被害者」とアピールしているところもある。

気持ちはわからなくもないよ。
それこそ、先ほど綴った「直接『死ね』と言われたこと」なのだから。

しかしこういう加害者というべき立場からの「自分こそが被害者」アピールは醜いの一言である。

  • 男性は「フェミニスト」から不当にいじめられている
  • 「在日」は「特権」によって「日本人差別」をしている
  • 被差別部落は税金泥棒
  • あと「煙草好きは肩身が狭い」

etcetc…

結局、「毒オトナの自己弁明」でしかない

はっきり言って、今回紹介した記事を読んでいて私は心が暗くなった。
結局、「毒オトナの自己弁明」に終始している内容だったから。
悪臭の漂うエリアに入って作業している気分だ。

この人はのちに「浪速のトランピズム政党」から衆院選に立候補し、また今夏の参院選にも立候補する。

以前から「浪速のトランピズム政党は毒オトナの代理人」と綴っているが、今回の記事はそのことの裏付けになったと私は思う。

それでは。

*1:知事と市長が入れ替わる形で立候補。こうすることで任期をリセットできる。もし知事と市長がそのままの形で立候補すれば当選したとしても任期は今秋までだった。

*2:党員なのかどうかは不明。後述のように同政党から立候補していることからこう表現する。

*3:引用者注、正確には「はてな匿名ダイアリー」。

やっぱり、NHKは4月からの福祉番組枠を弄ったか…

 

こんばんは。明日から4月ですなあ。
うちの甥っ子もいよいよ小学生ですわ。

以前、「NHKの福祉番組が危機的状況」であることについて綴った。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

今さっきテレビの番組表機能を使って明日からの1週間の番組を確かめたが、
やはり福祉番組は弄られてた。
さすがに、「ハートネットTVが週一だけの放送になる」ことはなかったが、「バリバラ」が毎週木曜日午後8時ののハートネットTV枠に変更になった。
で、従来バリバラを放送していた日曜午後7時は「アニメ」だってさ。

ああ、NHKは本当に「連続テレビ小説」「大河ドラマ」「のど自慢」以外は本当に番組表のテーブルを大胆に弄ってくるから困るわ…

それではまた。

浪速のトランピズム政党についてもっと続き。私からの質問が取り上げられました。

こんにちは。

今回も、「浪速のトランピズム政党」について綴る。

先日、「立憲を名乗る政党」から今回の「大阪ダブル選」および「浪速のトランピズム政党」について語る動画(生放送)が配信された。

www.youtube.comこの中で、私がツイッターから綴った質問が取り上げられた。
この動画の1:03:12あたりで。

こちらが私が綴った質問。

4年前の「都構想」住民投票のとき、父親はよく言っていた。
「俺は若いときからずっと思っていたんや。なんで『大阪府』の水道が大阪市に来えへんのや。浄水施設なんか『大阪府行き』『大阪市行き』に分かれてもうてんねん。これが問題にならなかったのは大阪府・市の公務員連中の『既得権益』を守るための圧力があったからや」

で、そんな父親が「都構想」に期待するほどに疑問に思っていた水道事業。
動画でも言及されているが「民営化」が検討されている。

水道事業の民営化はよく「各種民営化の中でも禁じ手」といわれている。
海外では民営化がされた結果、まともに水の供給がされなくなり、再び公営に戻す、といった動きが伝えられる。
わが国ニッポンでいえば、よく「水道水がそのまま飲めるから日本スゴイ」といわれるが、それがもしかしたら崩れる可能性もある。

でも、まあいいんでしょう。民営化で水道インフラが崩壊したとしても。
「公務員の『既得権益』」に大ダメージが与えられれば。
それが私の父親も含む「毒オトナ」たちが望んでいることなのだから。

思えば、1990年代から「規制緩和」「民営化」が各種マスコミ屋で叫ばれ続けてきた。
2000年代に実施された「郵政民営化」もマスコミ屋がよく叫んでいた。*1
郵政民営化」の結果、各地の郵便局は「アフラック」の代理店と化した。

私の父親含め「毒オトナ」たちはマスコミ屋の論調*2に流されるからな…
「あれが起こったら一体どうなるの?」と自分の頭で考えることすら省略してしまう。

今回の選挙、繰り返しになるが「浪速のトランピズム政党」がまた勝つだろう。
むろん私は何とかしてあらがい続けるが。

それでは。

*1:私が覚えているのは、1997年に郵便番号が7桁になった際、当時ワイドショーのコメンテーターだった「有田芳生」氏がある番組(日本テレビの「ザ・ワイド」だったか)で「こんなくだらないことしてないで民営化すればいいんですよ」と言っていたことだ。

*2:「空気」ともいう。