ぶた猫ぶーにゃんの社会的マイノリティ研究所

私、ぶた猫ぶーにゃんの「社会的マイノリティ」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的マイノリティ」に関することを綴ります。

シュワちゃんが、はからずも「日本国憲法」の精神を教えてくれた。

こんばんは。

今回は先日、「アーノルド・シュワルツェネッガー」氏*1アメリカ合衆国の「もうすぐ『前』大統領」にたいして痛烈に批判、「もうすぐ『前』大統領」を信奉する人々によっておこなわれたアメリカ合衆国連邦議会への襲撃事件を非難する声明を発表したことについて綴りたい。

こちらの記事に詳しい。

www.huffingtonpost.jp

私が中でも心を打たれたのは、かつての主演映画「コナン・ザ・グレート」で実際に使用した剣を見せて、「剣は一体どうやって作られるか」と語ったところ。

これは『コナン・ザ・グレート』で使った剣です。剣に焼き入れをするほど、剣は強くなります。ハンマーで叩かれ、炎で焼かれて冷水で冷やされ、工程を繰り返すことで剣はどんどん強くなります。

この話をするのは剣づくりのエキスパートになって欲しいからではありません。アメリカの民主主義も剣の鋼と同じなのです。鍛錬することで、より強くなります。

私たちの民主主義は、戦争、不正、暴動にさらされました。今回の襲撃事件で、失われかねないことが何かを知ったため、私たちの民主主義は強くなります。

(赤字・太字強調は引用者)

ここで、私は日本国憲法第十二条にある「不断の努力」という文言を思い出した。

第十二条
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ

 民主主義、それの中心となる「自由」「権利」はまさに鋼を熱して鍛えるように、「不断の努力」で保持・発展させるもの。

そして、「自由と権利」をはき違える=濫用することを戒めねばならない。

今回の声明で、日本国憲法をより深く理解することができたように思う。

思えば、あの暴動は「自由と権利をはき違えた」人たち=毒オトナたちによって引き起こされ、また「もうすぐ『前』大統領」氏はそういう連中を扇動して政権を運営してきたのだろう。

同じく毒オトナたちを扇動することによって大阪の地方行政を牛耳り、「政権与党の一角をめざす政党」まで作った人たちのことを私は「ナニワのドナルド・トランプ」「ナニワのトランピズム政党」と言ってきた。

アメリカ合衆国は大統領が失脚することになった。

ニッポンの「自由と権利」という名の剣を鍛えるための「不断の努力」が今、問われているように思う。

*1:俳優で、元カリフォルニア州知事でもある。共和党員。

毒オトナの条件(60)俗流日本人論

こんばんは。

なかなか職場の新しい仕事に定着することができない…

先日は上司と衝突してしまってあわや退職寸前になってしまった。

でも、ニッポンの職場の中でも「ホワイト企業」というべきここを辞めてしまうと本当に何もない。
それこそ「暴力的支援施設」に拉致されてしまう。

さて、今回は「毒オトナの条件」の60回目。

俗流日本人論

俗流若者論」という言葉がある。

要は「最近の若者はだらしない、情けない…」と言った形の「若者に対するステレオタイプ」である。

それとは別に、私は「俗流日本人論」というべきものが流布されているように思う。むろん「日本人に対するステレオタイプ」として。

  • 日本人は礼儀正しい
  • 日本人は自動車が全然通過していない道路でも、きちんと信号を守るなどルール順守がすばらしい
  • 他人への気配りができ、災害時でも暴動どころか文句ひとつ言うことなく助け合う

といった感じ。

私はこれらはみんなウソだと思う。

「礼儀正しい」のは「目上、あるいは強者にたいしてのみ礼儀正しい」のであり、また「他人への気配りができる」のも、「目上、強者の側」が「お前はひとりじゃないんだぞ、みんながいることに感謝しろ」と「弱者(社会的マイノリティ)」を抑圧したうえで成り立っている。

参考過去記事

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

信号無視の自動車に轢かれかけた

「ルール順守」についても異議がある。

私自身の体験を話そう。

昨秋のことだ。

私は「押しボタン信号」のある交差点で歩行者用押しボタンを押し、信号が変わるのを待った。

信号が変わり、左右の自動車が止まるのを確認し、横断歩道を歩いた。

突然、後続の自動車の一台が停止線で止まっていた先頭の自動車を追い越し、私を轢いてやろうとせんばかりに突っ切った。

轢かれかけた私は心臓が止まりかけた。

とりあえず、私は自動車の車種と色、ナンバープレートで読み取れた数字、そして「若い男性」という運転者の特徴を近くの交番の警察官に話した。

それにしても、自動車にとって「押しボタン信号」はとてもいらいらするものらしい。
「なんで歩行者一人だけのために俺たちが待たなあかんの?」と言わんばかりに。

本当は「押しボタン信号」はもちろん、信号のない交差点でも歩行者が横断しようとしていれば自動車の側が一時停止するのが
道路交通法上のルール(法律)」
である。マナーではない。

NHK「未来スイッチ」でも指摘している。

ちなみに一本目の記事の「そして事件は起きた」の動画に近いパターンだ。

www3.nhk.or.jp

www3.nhk.or.jp

しかしニッポンの場合、道路という道路が「自動車ファースト」として作られており、「歩行者優先」という道路交通法の理念は死んでいる。

以来、私は押しボタン信号という押しボタン信号がとても怖くなり、横断できなくなってしまった。
と同時に、先ほど綴った「俗流日本人論」の嘘にも気づいた。

次回に続く。

そういえば、「クールジャパン」ってなんだったんだろうね。

こんにちは。¡Hola amigos!

今週の「しんぶん赤旗日曜版」を読んだ。

小池晃」「立川談四楼」両氏の対談記事にこんなのがあった。

f:id:sgtyamabuunyan:20210112104751j:plain

談四楼

(前略)文化の分野も大変な状況です。ある役者にきいたら、公演が中止で「大変だ」となって、働いていたバイト先に戻ろうとしたらコロナでつぶれたというんです。(中略)いまの政権はエンターテインメント界に本当に冷酷だと思います。

(太字・大文字強調は引用者)

 

小池

冷酷です。演者だけでなく、舞台装置をつくる人や照明スタッフ、公演がはねたあとに流れる食堂や居酒屋に対しても冷酷です。

(中略)ドイツの文化相はコロナの下でも”文化はぜいたく品ではない。芸術家は生命維持に必要不可欠の存在だ。無制限で支援する”といったんです。菅政権に爪のアカでも煎じて飲ませたぐらいです。

(太字・大文字強調は引用者)

 これらの文言を見ていてね、ふと思い出したのは、

「クールジャパン」っていったいなんだったんだろうなあ

ということ。

ニッポンの主にアニメやデジタルゲームなどのポップカルチャーを「輸出する」ためのキャンペーンで、リオデジャネイロオリンピック2016の閉会式でも当時の内閣総理大臣が「スーパーマリオ」のコスプレで登場するなど「次回の東京オリンピック2020(もう2020年も終わったけどな)はクールジャパンを推す」ことをアピールしていた。

しかし今のニッポンはどうだ。

テレビ俳優・芸人たちは活躍の場が狭められ*1一部は人種・民族差別など「毒オトナしぐさ」をアピールして延命に必死だ。

これがニッポンの文化政策だ。

稼げなくなったら容赦なく見捨てる。

もうこんな社会は変えねばならない。

それではまた。

*1:特にNHK連続テレビ小説大河ドラマの制作・放映が中止になったり。

毒オトナの条件(59)もうすぐ「前」大統領になるあの方、もしかしたらニッポンで…

こんにちは。¡Hola amigos!

今回も「毒オトナの条件」を綴る。

今回はもうすぐアメリカ合衆国の「前」大統領になるお方について綴る。

もうすぐ「前」大統領になるあの方、もしかしたらニッポンで…

もう来週になるのかなあ、来たる20日アメリカ合衆国の次期大統領が正式就任する。

もうすぐ「前大統領」になるあの方は最近まで自分の敗北を認めようとしなかった。

大統領就任式にも出席しないらしい。

www.jiji.com

アメリカ合衆国以上に「もうすぐ前大統領」と親和性のあったニッポン

さて、わが国ニッポンはアメリカ合衆国以上に「もうすぐ前大統領」氏との親和性が高かった。

大統領選挙での「次期大統領」氏の当選が確実になっても結果を認めず、またまったく関係ない国であるにもかかわらず「もうすぐ前大統領」氏を支持するデモ行進などをしている。

news.yahoo.co.jp

そうなると、私としてはこんなことも起こりかねないのではないかと空想する。

もしかしたら来日するのではないか

それは、「もうすぐ前大統領」氏が来日するのではないか、ということ。

以前から綴っているとおり、ニッポン社会は「もうすぐ前大統領」氏との親和性が高く、また「ナニワのドナルド・トランプ」氏のように同氏を尊敬する著名人も多い。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

「評論家」として、ニッポン国内で「骨を埋める」こともできるんちゃうかなあ…

経済的に危なくなるともいわれているし、ニッポンで「食っていける」ならこれほどおいしいものはない。

www.businessinsider.jp

そんじゃまた。

毒オトナの条件(58)「毒オトナになったな」と感じるとき

こんにちは。¡Hola amigos!

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

今回は↑のお題を拝借して綴ろうと思う。

「毒オトナになったな」と感じるとき

他人のことや、社会のものごとを「上から目線」で「評論する」ようになったとき。

世の中には「評論家」「専門家」「ジャーナリスト」などの肩書を持つ人があれこれと「上から目線」で論じているが、はたしてそれは私たちの「指針」になりえているのだろうか。

単にテレビに出て出まかせを言うたり、でたらめな文章を綴っているだけのように感じる。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

そして私の親も含む市井の人たちも、テレビを前にいろいろ「評論」してくだを巻く。

当事者が苦しんでいても、「お前が悪いんじゃ」と吐き捨てるようになったとき

いわゆる「自己責任論」。

いや、自己責任でものごとに取り組む人はとても立派である。*1

俗に「自己責任論」と呼ばれるものは単に、

「お前が悪いんじゃ。お前が責任をとれ。俺は何も知らん」

と言いたいだけ。

これを親に言われると、私自身もそうだが本当に心が折れる

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

世の中のおかしい部分を、「それが当たり前」と思うようになったとき

さて、最近のニッポンは、いろいろおかしいところが噴出していないだろうか。

  • 報道、特にテレビ報道は単に「総理大臣が●●と言った」「企業経営者が××と言った」「評論家が◆◆と言った」など、単に「起こった出来事を伝えるだけ」に堕している
  • 本屋さんに行ってみたら、「日本スゴイ」「周辺諸国は醜い」などの「愛国ポルノ」だったり、「自分を磨いて生き残れ」といった「自己啓発本」ばかりが平積みになっている
  • そして、「これっておかしいのではないか」と(主に「下」とみなされた人たちが)声をあげると、四方八方から「何言うてるの?」「それのどこがおかしいの?」などとこれまた「上から目線」で「諭してくる」

こういう現状に対し、何も感じない、「それが当たり前」と思うのなら、もはや立派な毒オトナであるといえる。

次回に続く。

*1:たとえばプロスポーツ選手がそうだ。

門松は冥土の旅の一里塚…新年を迎えても終わりなき日常は続く。

こんばんは。¡Buenas noches!

また一つ、「冥土の旅の一里塚」を通過した…

昔は「新年」「お正月」は特別なものだった。

遠くの親戚、特に福井市に行くときはとても「うきうき」したものだった。

参考記事

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

しかし、20年前に祖母が他界し、その他親戚とも疎遠になり、また自分自身も「HIKIKOMORI」に身をやつすうちに、

「正月、新年なんて関係ない。自分の周りは『終わりなき日常』が続くだけだ。」

と思うようになった。

ゆえに、「あけましておめでとうございます」などとはとても言える気分ではない。

そんな中で出会ったのが「一休さん」こと「一休宗純」が詠ったとされる狂歌

「門松は 冥土の旅の一里塚 めでたくもありめでたくもなし」

であった。

「面白い一首だなあ。これが『お正月』の正体だよなあ。」

以来、本ブログなど、そして年賀状や「あけおめメッセージ」にはこの言葉を綴っている。

それでは2021年もよろしくお願いします。

(追伸)

前回記事で綴った「JCPサポーターまつりオンライン」の各コーナーの動画を当該記事に追加した。

とてもよかった!「JCPサポーターまつり」

こんにちは。¡Hola amigos!

今年…つまり今月最後の更新。

今回は先日の日曜日にYoutubeライブで開催された「JCPサポーターまつりオンライン」について綴る。

www.jcp.or.jp

結論を言うと、とてもよかったよ。

もうねえ、「いよいよ明日に迫った『紅白歌合戦』とかいう八百長番宣・ジェンダー平等に反する歌謡番組」などテレビの年末年始特番よりこれを見るほうが面白いのではないかと思ったわ。

など目白押し。

この年末年始にかけて各コーナーごとにアーカイブ配信する予定である。

現在公開されているコーナーはこちら。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

年末年始はこれらを見て、「ホントの共産党」を知ってほしい所である。

それではよいお年を。