豚猫大好きぶーにゃんの社会的弱者研究所

豚みたいに太った猫が大好きでたまらない私、ぶーにゃんの「社会的弱者(マイノリティ)」について考えるブログです。主にHIKIKOMORIなど、「公認されない社会的弱者」に関することを綴ります。

近況報告。私事で恐縮ですが…

こんばんは。

今日、職場の総務部スタッフの女性が退職した。

現在の職場に勤務する際、制服一式などを持ってきてくださったのが彼女だった。

現在も続く情緒不安定からくる奇声などの「行動嗜癖」でいろいろ迷惑をかけて申し訳なかったなあ。

でも、他の総務部スタッフとともに信頼してくれてありがとう。

障がい者雇用の模範となるべく精進します。

「社会的弱者の毒吐き系ブログ」で、読者がやってはいけないこと。

こんばんは。Buenas noches!!
10月下旬から更新が無くてごめんなさい…
本当に体調が悪く、結局2週間以上職場を欠勤する羽目になってしまった…

おかげさまで今月から仕事には復帰できているんだけど。

さて、今回は私が見てきた「社会的弱者の毒吐き系ブログ」において、読者がやってはいけないこと(主にコメント投稿で)を綴ってみようと思う。

ちなみに、ここでは「ぼそっとプロジェクト」「高齢ひきこもり」を「社会的弱者の毒吐き系ブログ」の念頭に置いている。

①説教、特に主流秩序の視点からの説教

この手の毒吐き系ブログを見ていると、ときおり「公認された社会的弱者への憎悪」が顔をのぞかせている時がある。

たとえば「ぼそっとプロジェクト」の場合、主宰「池井多」氏が母親はじめ女性にひどい目に遭わされたために、平然と「女尊男卑」という言葉を使い、「フェミニズムへの憎悪=ミソジニズム」全開というべき内容の記事も見受けられる。

しかし、だからといってここで「それは女性差別だよ。いっていいことと悪いことがある」などと説教してはならないと思う。

彼ら彼女らは、とにかく「憎悪=毒」を吐くことによって精神の安定をたもっているわけであるし、「毒を吐くこと」に対して「倫理」を求めることは筋違いだと思うからだ。

もっとも、「毒吐き」にも限度があり、いわゆる「ヘイトクライム」を煽る内容のものは絶対に許してはならないと思うが。
なぜなら「ヘイト」の対象にされた人たちは「本当に殺されるかもしれない」と感じるからだ。

②内容に対する具体的な提案・提言

高齢ひきこもり」というブログでは、よく、

「たった一人で取り組め、かつ他人と接触する必要のない仕事」

の発掘が必要だ、とことあるごとに漏らしていたが、これに…

「こんな仕事があるんだけどどうですか?」

などとコメント欄などで提案することはやってはいけない。
ちなみにその仕事の一例を貼り付ける。↓

www.buzzfeed.com

なぜなら、このケースの場合、「こういう仕事があればいいのに」と言っているのは、

「自分は社会不適応のHIKIKOMORIでござい。40年以上生きてきてあらゆる仕事になじめない存在でござい」

というアピールでしかないからだ。

ちなみに私の場合、

  • 父親から仕送りばかり貰って申し訳ない」という内容の記事に対して「あなたは発達障害の疑いがある。認定を受ければ障害基礎年金がもらえるかもしれない。そうすれば仕送りに頼らなくてもよくなる」と提案したこと
  • 「頼れるのは恋人のRさんしかいない…」という内容の記事に対して「もっとあなたのことを支援してくださる仲間(主にジョブコーチ)を作ればいいと思うけどなあ」と提案したこと

によって、ブログ主「二条師匠」から嫌われてしまった。

毒吐き系ブログは社会提言や議論が目的ではない

大体以上なのだが、ここで言いたいのは、

毒吐き系ブログは社会提言および議論が目的ではない

ということだ。

その手のブログで上記2つのことをやってしまうと、最悪の場合「アクセス禁止(アク禁)」されかねない。

とにかく、

「俺が受けた毒=苦しみを聴け!!」

というのが毒吐き系ブログの目的なのだ。

そう言う場合、「毒」を受け止め、主張に同意するコメントやリプ(反応)をすることが正しい。
まさに以前綴った「大佐(精神保健福祉士)」のやり方。

sgtyamabuunyan2nd.hatenadiary.jp

 

ちなみに弊ブログは「毒吐き系」であるとともに「社会提言系」ブログでもあるので議論は大歓迎。

追伸

今回、「毒吐き系」という言葉を使用したが、こちらの記事を大いに参考にさせてもらった。

www.buzzfeed.com

記事から一部を引用。

「書いているときは、パソコンと私っていう世界の中で、ある種の信頼関係の中で自分の書きたいことを表現できる。そこに描かれるのはユートピアみたいな世界ではないですけど、信頼のある場で苦しみを吐露していく中で、自分が救われていっている、という感覚があるんです」

毒吐き系ブログ主たちにとって、ブログこそが「信頼のある場」なんだろうと思う。

それでは。

 

相変わらず体調悪いです…

おはようございます。

相変わらず体調が悪いです…

今日はここまで。

選挙というものは「自分たちの代弁者(代理人)を送り込む」ことに意義がある。

こんにちは。あとで綴るが体調不良が続いている…

さて、衆議院議員総選挙が終わった。

政権与党が勝利した以上に、「選挙なんか意味がない」と言って棄権した人が相変わらず多いことに驚かされる。

その人たちはよく言う。
「たとえ、議席がひとつ増えたところで政権与党圧勝とか予想されてるんじゃ意味がないだろ?」

待ってほしい。

「一つでも議席が増えること」そのものに意味があるのではないか。
いや、「議席」なんて関係ない。
自分たちの代弁者(代理人)を国会なり地方議会なりに送り込むこと。
そのことに意義があるのではないか。

たしかに、議席が増えると質問時間が増加したり、議案提案権などがが得られる特典がある。*1

しかし、それ以上に、「一人でも自分たちが抱える問題を代弁してくれる人」を送り込むことに意義があるのではないか。
私はそう思うのである。

ほら、国会議員の別名に「代議士」というのがあるでしょう。
自分たちのことをまさに「代わりに議会で質問なりする人」という意味だと思う。
昔の政権与党はまさに地域社会・地域経済の「代弁者=代議士」として国会議員になった者で構成されていた。

私は先月、地元自治体の議会選挙である人を応援した。
「自分たちの代弁者」を地元議会に送り込みたいという気持ちだったからに他ならない。

今回の衆議院議員選挙を機会に、もう一度「選挙へ行って投票すること」を考えていきたい。

私事で恐縮ですが…

体調不良が続いていることは先ほども綴った。
職場には今月いっぱい休ませてくださいと頼んだ。
恋人との話し合いも延期だなあ…

*1:衆議院では、10議席以上で党首討論参加権、20議席以上で議案提案権が得られる。

今回も私事です。

こんにちは。
今回も私事です。

今週一週間本当に体調崩しっぱなしだった。
週末になってましにはなったけど。

職場も一週間休む羽目になった。
ああ今月は低収入だなあ。
時給制労働者はつらいよ。

それではまた。

私事で恐縮ですが…

おはようございます。

突然のことかつ私事で恐縮ですが、会社に行けなくなりました。

原因は私の「奇行嗜癖」とでもいうものです。

プライベートで何か嫌なことがあった、あるいは過去に会った嫌なことを思い出したことをきっかけにして、暴れたりわめいたりしてしまうんですね。

おそらく自分の苦しみを他の方にもわかってほしいと思ってやっているんだと思います。

しかしやり方がよくないですよね…
きちんと社内の「メンター」の方に相談に乗ってもらうとか正当なやり方があるはずなのに。

今週一週間休ませて貰ってます。

それでは。

「世界ひきこもり機構」ねえ…「アホ同盟」「ブス同盟」と同じ道行っちゃうだろうなあ…

こんばんは。Buenas noches!!

「ひきこもり新聞」ウェブ版にこんな記事があった。

【対談】ミラノ東京 ひきこもりダイヤローグ最終回「対談を終えて」 | ひきこもり新聞

執筆したのは「ぼそっと池井多」氏。リンク集にもある「ぼそっとプロジェクト」主宰である。
その中で、こんな一文があった。

その延長で、たとえば世界のひきこもりがGHO(Global Hikikomori Organization / 世界ひきこもり機構)といった連携を築くことはできないだろうか。世界のアルコール依存症者たちが世界組織A.A(Alcoholics Anonymous)を作ったように、ひきこもりが全世界で連帯することも、けっして夢ではないだろう。

うーん、どうなんだろうねえ…
基本的に「ひきこもり=HIKIKOMORI」は「公認されない社会的弱者」だからねえ…

おそらく「アホ同盟」「ブス同盟」同様に嘲笑の的にされるんだろうなあ…
よくて「NEET株式会社」のような…

中島義道氏の「うるさい日本の私」のまえがきに、こんな一文がある。

 現代日本で身長一五五センチメートルの若者は、この悩み*1を知っている。偏差値四〇の大学生はこの悩みを知っている。「醜い」としか言いようのない女性(たしかにいるものである)はこの悩みを知っている。身体障害者精神障害者なら、その人権は手厚く保護される。彼らは人権侵害に対して声を大にして訴えることができる。だが、身長一五五センチメートルの若者が「チビ同盟」を結成してその苦しみを訴えることができようか? 偏差値四〇の大学生が「アホ同盟」を結成して「われわれを軽蔑するな!」と叫んでもだれが耳を傾けよう? まして、醜い女性が「ブス同盟」を結成してみても、それはけっこうなお笑い種であろう。(新潮文庫版P7-8)

 現在、「うるさい日本の私」は日経ビジネス人文庫から発売されている。

オムニ7 - セブンネットショッピング|うるさい日本の私 

私が「公認されない社会的弱者」を意識するきっかけはまさにこの「うるさい日本の私」にある。
中島氏はとにかく街中や各施設で平然と流される「スピーカー放送」が大嫌い。
しかし、周りはこんな状況でも平然としている。その状況がとても我慢ならない。
中島氏の苦しみはまさに「公認されない社会的弱者」の苦しみなのである。

なお、二条淳也師匠のブログ「高齢ひきこもり」は、中島義道氏の影響を多大に受けている。
実際、私が二条師匠に「ずばり中島義道氏の著書、好きではないですか?」と問うたところ「愛読書ですよ」と答えて下さった。

それではまた。

*1:引用者注、私が弊ブログで綴っている「公認されない社会的弱者」としての悩み。それはおもに「マジョリティに理解されない」といったものである。